鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

梅雨入り

2019年6月5日

先日、鹿児島も梅雨入りとニュースで目にしました。

 

ニュースでは、しきりに「梅雨入りしたとみられる」と表現していたので、

 

普段、問題を校正しているからなのか、

 

妙に「みられる」という言葉が引っかかりました。

 

なぜ梅雨入りしたと言い切らないんだろう?

 

そもそも梅雨入りの定義ってなに?

 

という疑問が生まれてきたので調べてみました。

 

気象庁によると

 

梅雨を「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる期間」と定義しているとありました。

 

平均で5日間程度の移り変わりの期間があるため、

 

今日から梅雨と1日を特定するのは難しく、

 

さらに毎年9月はじめに梅雨入り・明けの確定を行っているそうです。

 

この時期になると、梅雨という言葉を使う機会が増えてきますが、

 

意味を知らないまま、なんとなく使っていたんだなぁと感じた一日でした。

PAGE TOP