鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

スタッフブログ

2019年も残すところ…

2019年06月14日

紫陽花の花の紫が日ごとに深まる今日この頃…

こんにちは。振興会の桑原です。

6月になりました。2019年もあと半年ですね。

1月に年が明けて,気付けば今年ももう6月です。半年が過ぎました。

「光陰矢の如し」。過ぎてしまえば,何事も早いと思う今日この頃です。

私も入社して半年になりました。この半年間で,自分自身も業務に携わる機会が日に日に増えて,少しずつではありますが,営業にも参加させて頂くこともあります。

主に学校関係への営業ですが,今まで1度も営業を行ったことがなかったので,上司や職場の先輩方の動き・指導を聞きながら,見真似で行ってはいるのですが,会話の難しさと言葉の大切さを実感しています。しかし,様々な先生方から「頑張って下さい!!」と励ましのお言葉を頂いたり,「~の件,検討してみるよ」と仰って頂いたりしたときには,何事にも変え難い喜びと感謝の気持ちでいっぱいになります。この気持ちを忘れずに,励みにしながら,将来的には,少しずつ自分の営業技術,「自分の色」を出して,多くのお客様に喜んで頂けるようなサポートをして行けるように今後も頑張っていけたらと思う次第です。

 

壁というのは、

できる人にしかやってこない。

超えられる可能性がある人にしかやってこない。

だから、壁がある時は

チャンスだと思っている。

 

( - イチロー -MLB 引用 )

この言葉もまた励みに職務を遂行しようと思います。

さて,6月といえば大きなイベントがあります。

それは,来る6月29日(土)に統一模試中学3年第1回が実施されます。

鹿児島の中学生にとって自分の現在の位置を知るためにも,力試しをするためにも良い機会ですので,是非とも受験の程,お待ちしています。

会場での高校受験さながらの緊張感を味わって自分の受験対策の強みにして頂けると幸いです。

梅雨入り

2019年06月05日

先日、鹿児島も梅雨入りとニュースで目にしました。

 

ニュースでは、しきりに「梅雨入りしたとみられる」と表現していたので、

 

普段、問題を校正しているからなのか、

 

妙に「みられる」という言葉が引っかかりました。

 

なぜ梅雨入りしたと言い切らないんだろう?

 

そもそも梅雨入りの定義ってなに?

 

という疑問が生まれてきたので調べてみました。

 

気象庁によると

 

梅雨を「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる期間」と定義しているとありました。

 

平均で5日間程度の移り変わりの期間があるため、

 

今日から梅雨と1日を特定するのは難しく、

 

さらに毎年9月はじめに梅雨入り・明けの確定を行っているそうです。

 

この時期になると、梅雨という言葉を使う機会が増えてきますが、

 

意味を知らないまま、なんとなく使っていたんだなぁと感じた一日でした。

金メダリスト

2019年05月31日

皆さん 鶴田 義行という人物をご存知ですか?

 

こんにちは!教育振興会の黒木です。

 

来年は日本で東京オリンピックが開催されます。

 

鶴田 義行(つるた よしゆき)さんは、鹿児島市伊敷出身の元水泳選手で日本人初のオリンピック連覇者です。

 

1928年、アムステルダムオリンピック、4年後のロサンゼルスオリンピックの2大会連続で金メダルを獲得しました。種目は200メ-トル平泳ぎです。

 

平泳ぎで2大会連続金メダルをとったのは鶴田氏と北島 康介の二人だけです。

 

引退後、子供たちに水泳を教えていた時に、「苦しみから逃れようとすればするほど、苦しみに追われる。苦しみにみずから挑み、これを突破すれば、永久に楽を得られるのではないか」と言っていたそうです。

 

氏は明治36年に誕生し、昭和61年に82歳で亡くなっています。

 

氏の銅像と顕彰碑は国道3号線沿いの花野団地入口から鹿児島市街地方面へ300メ-トル程のところにあります。

 

まだ行ったことのない方は、行ってみてはいかがでしょうか。

令和元年度 統一模試説明会を開催しました。

2019年05月30日

鹿児島県内の塾の先生方をお招きし、令和元年度 統一模試説明会を開催しました。

今年度は、

・令和元年度統一模試実施計画の説明
・新年度成績票と弊社教材について
・追跡調査による本年度の合否結果の分析
・平成31年度公立高校入試の分析と今後の統一模試の出題方針
・當
 太輝氏(鹿児島県立指宿高等学校 数学科)講演
演題『主役は生徒!教師は何を? ~Society5.0社会での教師の役割~ 』

などの内容をお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

今年も、200名を超える塾の先生方にご参加いただきました。

お忙しい中、お越しいただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

前半では、新年度成績票の説明と教材のご案内、弊社スタッフによる入試の分析発表をさせていただきました。
わかりづらい点や説明不足な点もあったかと思います。
ご不明な点、疑問に思われた点は遠慮なくお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

 

後半では、當 太輝氏(鹿児島県立指宿高等学校 数学科)に『主役は生徒!教師は何を? ~Society5.0社会での教師の役割~ 』というテーマで講演をしていただきました。

講演中に学習塾の先生方に質問を投げかけたり、動画や講演の感想を先生方同士で共有する時間を設けたりと、當先生が高校で普段されている授業が想像できるような講演でした。

学習塾の先生方もアクティブラーニングの指導法や考えを皆様真剣に聞き入ってらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、今年も、オリジナル教材の展示をさせていただきました。
今年度は「実戦力UPトレーニング 3年」に「Checkテスト」を加え、
休憩時間や、説明会終了後には多くの先生方に実際に手にとって見ていただきました。

今回も、皆様のおかげで無事終えることができました。
ご記入いただいたアンケートは今後の模試・教材開発等の参考にさせていただきます。
貴重なご意見、ありがとうございました。

今後とも弊社をよろしくお願いいたします。

自分の身は自分で

2019年05月24日

教育振興会の倉野です!
さて、今回は損害保険部署勤めらしく自動車に関連した内容です。

 

皆さんはここ数年で、よく「あおり運転」という言葉聞いたりしませんか?
ここ最近は、あおり運転に限らずに自動車が子どもや歩行者を巻き込む痛ましい事故をニュースで目にすることもあったかと思います。
ご自分で運転をされる方は、ヒヤッとされる場面に遭われたことや、あおり運転を受けたことがある方がいらっしゃるかもしれません。

近年のあおり運転や自動車事故の状況に対して関心が高まっている機器があります。

お分かりになる方も多いと思いますが、「ドライブレコーダー」です。

ここ数年の市場で何倍も売れ行きが上がっているみたいですね。

まだまだ社会的関心が高まっている昨今、

このブログでももう一度「ドライブレコーダー」の有効性をご確認いただけたらと思います。

 

有効性① 証拠保全

誰しも事故を起こそうとして運転をされているわけではありませんが、自分の不注意や見落としがあれば、加害者側に。相手の不注意や見落としがあれば、被害者側になり得ます。

その他、様々なことが原因で事故は起こります。(責任割合等についてはまた別の機会にでも・・・)

私の知人の例ですが、事故当初からお相手方と主張が食い違い(どちらが悪いか)、

第三者の調査会社まで入ったうえで、50:50というお互い様の結果になりました。(双方しぶしぶ受け入れ)

この事故が解決するまで2カ月ほど時間を要したみたいです。

こういう時にドライブレコーダーがついていれば、「映像」として証拠を残すことができ、大きく揉めることもなく状況に応じた割合に則って、お互い早期解決が望めます。

私は、上記のような事故の経験はありませんが、他人事と思えなくなりドライブレコーダーを車に装備しました。

 

有効性② 事故防止・安全運転機能

ドライブレコーダーの機種にもよりますが、安全運転の促進として

「前方車間距離の詰め過ぎ」や、「センターラインにかかっての走行」、「事故多発地点接近」に対して警告音が鳴ったり、音声で注意を促すような機能があります。(他にも色々あります)

自分で運転をする際に、そのような注意喚起があると安全運転を心がけるようになります。自らリスクのある運転を行わない=未然に事故を防ぐことにつながりますね。

 

余談ですが、車後方のガラスに「ドライブレコーダー録画中」というステッカーを貼ることで、あおり運転を抑制する効果もありますね。

実際、わざわざ近づいて確認することもないでしょうし、録画されているとなるとあおり運転をする人も近づかないでしょう。

ステッカーだけでも効果はありますが、万が一のことを考えると本当にドライブレコーダーを取り付けていればよりGOOD!です。

 

 

ここまで書いてきて、どこかのドライブレコーダー販売の回し者と思われるかもしれませんが、そんなことは全くありません。(笑)

ここ最近はドライブレコーダーも広く知られてきて、色々な種類があって、取付けされている方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、まだそうでない方の目に留まって何か一考、感じることがあれば嬉しいなという気持ちで書いてみました。

たまにはこんなブログも悪くない・・・・ですよね?

 

 

それでは、皆様よい週末をお過ごしください!

母の日

2019年05月15日

5月も3週目に入り、少し汗ばむ今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか。

 

さて、先日5月12日は母の日でした。

母の日は、日頃なかなか言えない母親への感謝を素直に伝えられるので、毎年大切にしています。

 

令和初の母の日は、ちょうどお互い予定がなかったのでささやかすぎるプレゼントを持って実家に帰ったところでした。

 

私は毎年、この母の日が近づくといつも思う事があります。

 

それは「母親が今好きなものは何だっけ?」という疑問です。

 

みなさんは母親の好きな物をすぐに答えられますか?

 

母親の好きな色は?

好きな食べ物は?

今ハマっている俳優は?

 

 

…私はちょくちょく話すにも関わらず、

実は知らないことが多いです。

(好きな俳優がパク・シフさんということは知ってます)

 

だから、母の日が近くなると、

プレゼントに何を贈るか悩みつつ、そんなことを考えます。

 

一方で、母親は子供の好きなものを分かっているんだなぁと、

実家に帰ると必ず置いてあるサッポロ黒ラベルを見ていつも思います。笑

 

愛情をもらってばかりの私ですが、

「ありがとう」の気持ちを忘れず、

日々恩返しするつもりで生きていきたいと

改めて感じた母の日でした。

GWと令和初仕事

2019年05月08日

教育振興会の戸破(トハ)です(^○^)

GWの間、皆さんはどう過ごされましたか?

 

私は大学時代以来の大型連休ということで

「よしっ!家族で旅行に行こう!」

と考えもしましたが、

 

特に行きたいと思うような場所もなく

「まったりとした休日を♪」

をテーマに

鹿児島県内をあちこち出かけるなどして

連休を過ごしました。

 

大型連休に入る前は

「こんなに長い休みをもらうけど退屈にならないかな。」

なんて考えもしましたが、

いざ休んでみると

「いつまでもこんなに穏やかな日が続けばいいのに…」

と連休ボケ!?なことを考えていました。

 

そんな連休の最中、

 

「パパとママは今日もお休みなの?」

「ゴールデンウィークって楽しいね(^O^)」

という暦や時間の概念がまだあまりない3歳になる娘を

見ていると

 

「毎日を一生懸命生きる大切さ」や

「周囲にいる人への感謝」など

身に染みて考えさせられることが多くありました。

 

昨日は令和初仕事ということで

連休中あまり使わなかった頭を久しぶりに

フル回転!?させました(笑)

 

仕事も休息もどちらも共にいい影響を与えられるように

令和の時代も頑張りたいと思います。

 

ではまた!

 

PS 平川動物公園にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘から

「パパは大きすぎるから飛行機は後ろに乗りなさい!」

といわれショック…(>_<)

終わり始まり

2019年04月23日

こんにちは。教育振興会の亀田です。

 

いよいよ来週の4月30日で30年間の「平成」の時代が終わり,5月1日から,新たな「令和」の時代が始まりますね。ゴールデンウィークの間に,一つの時代が終わりと始まりを迎えます。

 

思い返せば,私の生まれた時代でもある「平成」は,大きな変化があった時代でした。

車や家電製品,携帯電話は小型化,自動化,軽量化,多機能化などこの30年で大きく進化しました。

入試関連でいえば,「大学共通第1次学力試験」から「大学入学者選抜大学入試センター試験」に変わったのも平成です。そのセンター試験も,令和2年度の2020年より,大学入学共通テストに変わります。

 

さて,新しい「令和」の時代には,どのようなことが待っているのでしょうか。

 

この「令和」という元号は,先日のブログにも書かれていましたが,日本の「万葉集」の「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という一節から取られたものだそうです。(マメ知識:「万葉集」…奈良時代の末に,大伴家持がまとめた,天皇や貴族,防人や農民の歌が収められた歌集。)

 

「令和」の時代をどう過ごしていきたいか,私なりに夢や目標を掲げて,充実した時代にしたいと思います。

 

そして,「令和」最初の受験生となる新3年生の諸君!

新しい時代のスタートが素晴らしいものとなるように,心機一転気持ち新たにがんばっていきましょう(^^)

春は出会いと分かれの季節です…

2019年04月19日

4月も終わりに差し掛かるタイミングでこのタイトルも少々違和感がありますが…

兎角今年の春は日本全国が平成の終わりと令和の始まりの話題で持ちきりとなりました。

そんな中,弊社でも1つの時代が終わり,新時代を迎えようとしているものがあります。

そう、統一模試の成績票です!!

学習塾様には、すでに新年度パンフレットなどでお知らせしていましたが、(まだの方はお手元のパンフレットかこちらからご確認ください。)

つい先日、旧成績票での最後の成績処理を終えました。

やはり、いつも使っていたものがこれで最後になるかと思うと、成績票をめくる作業もどこか名残惜しく感じますね…

これまでは、すべての成績票を1枚1枚めくって確認しながら発送していましたが、新成績票は冊子タイプになるため、チェックの方法も変わります。

そして今週から遂に新しい成績票での成績処理がはじまりました。

これは…かなりいい感じになっているはず…

今年度の模試(鹿児島は3年1回)から新しい成績票でデータをお返ししますので、乞うご期待。

新しい出会い

2019年04月11日

教育振興会の國澤です。

 

先日,学校では入学式があったかと思います。

新入生の人はこれから始まる新しい生活にワクワクとドキドキを抱いていたことでしょう。

新入生が入ってきて先輩になる人はドキドキの方が大きかったでしょうか。

また,新入生を迎える先生方はその初々しい姿をほほえましく感じていたのではないでしょうか。

 

そんな新しい出会いの季節ですが,弊社にも今年から新しく新入社員が入ってきました。

 

いずれこのブログにも登場予定ですが,慣れない業務を先輩たちに教わりながら真摯に

取り組む姿にこちらも日々学ばせてもらっているところです。

(ブログへの登場は6月です。ぜひお楽しみに!)

 

春という季節は色々なことの始まりの時期でもあります。

とりわけ今年は新しい元号のスタートを控えていて,よりその機運が強いのでは

ないかと思います。

 

平成最後で新時代直前の春,皆様もぜひいろいろな新しいこと

(スポーツ,習い事,語学etc…)にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

新しいことを学ぶ皆様を,我々教育振興会社員一同,心より応援します!

やはりこの話題

2019年04月05日

新年度、始まりましたね!

この春にご入学を迎えるみなさん、おめでとうございます。

そして、新元号も発表されました!「令和」

 

ニュースで最初に聞いて、「レ・イ・ワ?」(カタカナにするとどこかの金融会社みたいになってしましましたが…笑)

わかってはいましたが、やはり耳慣れないと違和感をもちます(´・ω・)

この「令和」という元号は、日本の「万葉集」の「初春の月にして 気淑く風ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という一節から取られたものだそうですね。

個人的には、音の響きや言葉の意味はなかなか素敵だと感じました。

 

645年、日本で初めて使われた元号である「大化」から始まり、様々な元号を経て今年の5月に「令和」に改元されるのだと思うと、なんとも感慨深い気持ちになります。現在では天皇の即位のためによる「一世一元の制」で改元されますが、それまでは、天皇の即位以外におめでたいことがあったタイミングや、災いがあったタイミングで改元されることがあったということです。…いずれにせよ、何らかの良い変化への期待を込めたものなのだと思います。

「心機一転!」のやる気は、機を逸してしまうと再び掘り起こすのがなかなか億劫になってしまいがちですが、今年は「元旦」に「新年度の4月」に「改元」にと自分を奮い起こすタイミングをたくさん作れそうです(/・ω・)/

 

平成最後の一か月を精いっぱい過ごし、「令和」のスタートには気持ちを新たにがんばりたいと思います☆

大隅の自然

2019年03月29日

教育振興会の押越です。

先日大隅に出かけました。

 

今さらながら,雄川の滝まで出かけ,

 

その雄大な滝の流れと澄んだ水面を

 

しばらくじっと見ていました。

写真はちなみに滝の上のほうから滝つぼ

 

を撮ったものです。

 

帰りに錦江町の海岸に寄ってみました。影絵アートと呼ばれるもので,海岸にこれらのア

 

ートがあるのがとても素敵で,別世界にいるような気分にもさせてくれました。

 

大隅にあまり出かけていなかったのですが,いろいろなスポットも増え,心も癒してもら

 

ったように思います。

 

 

4月から新年度が始まりますね。心機一転,がんばっていきましょう。

結果と過程

2019年03月19日

こんにちは,教育振興会の山之内です。

 

今年の1月に入社したT君によって,会社の玄関前はたくさんの花で彩られています。

最近まで寒かった気がしますが,もう春なんですね!

さて,本日は宮崎県立高校一般入試の合格発表日でした。

また,先週14日は鹿児島の公立高校一般入試の合格発表日。

 

弊社にも多くの喜びの声と少しの悲しみの声が届いています。

 

以前読んだ,受験に関するある方(いつやるの?の人です)の著書の中では,受験生の受験に対する取り組み方とその結果を次のように分類しています。

 

A ベストをつくして合格を勝ち取った人

B ベストをつくさなかったが合格できた人

C ベストをつくしたが不合格に終わった人

D ベストをつくさず不合格に終わった人

 

Aが最良,Dが最低であることは何となく理解できますが,BとCについては人によって判断が分かれそうです。

 

個人的には,結果がどうであれ,若いうちに1つの目標に向かって全力をつくす経験をすることは,その後の人生に大きな財産になり,またそれが受験の持つ大きな意義だと思っています。

 

だから,今回合格を勝ち取ることが出来なかった人も,ベストをつくしたなら前を向いて次の目標に向かって進んでほしい。(今はきついかもしれませんが)

今回は不合格でも,これからの長い人生,君の努力は必ずどこかで花開きます。

 

また,受験倍率が年々下がる中,Bにあたる人が増えてきているような気がします。

すでに自分がベストをつくせる何かを見つけているのならいいのですが。。。

 

いずれにしても,まずは卒業おめでとう!そして次のステージが待っています。

 

Show must go on!(このフレーズ,大好きで今までも何度か使ってきましたが,映画の影響で今年はより多くの人に気づいていただけそうです)

 

次のステージで君たちが大きく羽ばたいてくれることを心よりお祈り申し上げます!!

宮崎県統一模試説明会

2019年03月15日

こんにちは、ババです。

昨日は宮崎県内の塾の先生にお集りいただき、ホテルマリックスさんで宮崎県統一模試説明会を開催いたしました。

宮崎での開催は初めてでしたが、100名近くの先生方にお集まりいただきました。

お忙しい中、お越しいただきありがとうございました。

 

まず、弊社の持つデータをもとに、統一模試の推移や来年度の変更点などをご説明させていただきました。

メモを取りながら真剣に聞いてくださりありがとうございました。

また、【マネジメント・ブレイン・アソシエイツ】の浅井正美氏に

「小学校英語強化への対応~学習塾での指導方法と授業運営方法」という演題で講演いただきました。

指導方法を具体的な例をあげてご説明いただき、私も生徒になって授業を受けている気分で拝聴いたしました。

とても有意義な時間だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご記入いただいたアンケートは、今後の参考にさせていただきます。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

 

鹿児島でも5月に開催予定ですので、皆様に喜んでいただけるよう、準備をしていきたいと思います。

サクラ咲け!!

2019年03月08日

こんにちは。教育振興会の中尾です。

中学3年の受験生の皆さん,そしてその保護者の皆様おつかれさまでした。

公立高校入試も終わり,あとは結果を待つばかりですね。

統一模試を受けられた皆さんに朗報が届くことを願っています。

しかし,定員がある以上,全員が合格するわけではありません。

合格発表は,不合格者にとって非情な宣告をつきつけられる場ではありますが,

それまでどの高校に進むかはっきりしていなかった自分の進路が確定する場でもあります。

これからはそれぞれ決まった進路に期待をふくらませ,次のステップに希望をもって進んで

いただけたらと思います。

「住めば都」という言葉がありますが,どの高校に行ったとしても前向きな気持ちで取り組めば,

きっとこの高校でよかったと思え,そこで出会った人々があなたにとってかけがえのない親友や恩師に

なってくれるはずです。

 

今年の桜の開花は平年並みの3月下旬だそうです。

皆さんの未来にきれいな桜が咲きますように!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲突川の桜はまだつぼみが固そうです。

PAGE TOP