鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

スタッフブログ

WITH コロナ

2020年05月29日

皆さま! いかがお過ごしでしょうか? 教育振興会の黒木です。

 

新型コロナウイルス感染拡大で、様々な影響を受けていらっしゃることと思います。

 

外出の自粛要請や学校の休校で家にいる時間が長くなった方が多いのではないでしょうか。

 

テレビや新聞等で報じられているように、今回のウイルス感染拡大により、全世界で「リ-マン・ショック」よりも大きな経済的損失を被るだろうと専門家は予想しています。

 

日本国内でも観光業や居酒屋等の飲食業などさまざまな業種において売上が激減し、廃業の危機に瀕しているところが多いようです。

 

このような状況の中、皆様にぜひ読んでいただきたい本があります。

 

作家の五木寛之さん(87歳)が22年前に書いた「大河の一滴」というエッセイです。

 

今年5月9日に放送された「世界一受けたい授業」という番組に緊急出演された五木さんは次のようなことを話されていました。

 

○「どんな時でも何かできることはある

○「苦しいときは泣くのはいいけど泣きごとは言うな

○「生きていくうえで人は笑いが必要

○「相手に寄り添い苦しみを分かってあげる

 

この本の中で上記のことなどについて詳しく書かれています。

 

いつまで続くかわからないこのコロナ禍をどう生き抜いていくかの参考になるのではないでしょうか。

YouTuber デビュー?!

2020年05月22日

どうも、皆さんこんにちは。

教育振興会の倉野です。

タイトル気になりますよね。

何を隠そう。私、倉野。YouTubeデビュー果たしました。

 

 

すいません。自発的な感じになっていますが、

本当のことを申し上げると、某鹿児島放送局のYouTube チャンネルで

高校球児であったときの映像を見ることができるというものです。

懐かしさと恥ずかしさがありますが、高校野球好きで興味ある方は探し当ててください。

(会社ではいじられています(笑))

 

 

ところで高校野球に関連した話になりますが、夏の甲子園の中止が決定しましたね。

地方大会も合わせて中止です。

毎年、都合が合えば母校の応援と合わせて数試合は観戦しているので、高校野球ファンとしては寂しいものです。

しかし、命や安全には代えられない判断。それもまた受け入れざるを得ない現実だと思います。(高校野球に限らず、他部活動や中学生部活動でも)

 

社会人として生きる今、部活動を通じて得た経験が活きていると感じます。

大会や試合もそうですが、日々の練習で積み重ねてきた3年間で得たことを誇りにしてほしい。これからの未来をたくさんの人が応援しています。

私もそのうちの一人としてエールを送ります。

 

 

それではまた次回お会いしましょう。

生きるぼくら

2020年05月15日

こんにちは。

この間の大型連休、なかなか外出ができない中、

みなさんはどのように過ごされましたか?

 

私はこの機会に、家にある積読を消化することにしました。

 

何冊か読んだ中で、一番心に残ったのが原田マハさんの「生きるぼくら」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

(表紙は東山魁夷さんの絵です。)

 

主人公は、学校でのいじめから引きこもりになった24歳の青年。

生活を支えていた母親が家を出て行き、一人になった主人公は長野の蓼科にいる祖母を頼りに4年ぶりに外の世界へと踏み出します。

そこで、祖母をはじめとする魅力的な人々と出会い、周りに支えられながら米作りをすることで、素直な自分を取り戻し、成長していくお話です。

 

 

引きこもりの人が4年ぶりに外に出る。

それに相当な勇気がいるのは、想像に難くありません。

しかも、いじめが原因ということなので、なおさら人との関わりを持ちたくないと考えるはずです。

 

でも、それを乗り越えて主人公は慣れない外に出て、田舎の祖母の家を目指していきます。

そして、たどり着いた先で昔ながらの「米作り」という仕事を通して、「食べることの喜び」を感じていき、次第にそれは「生きる喜び」へとつながっていきます。

 

 

いろんな人に助けられて、

人の温もりに触れて、

主人公が大きく成長していく姿に、

改めて人と人とのつながりの大切さを感じました。

 

 

数ある積読の中からこのタイミングでこの本を選んだのは、何か意味があるのかな、と思いつつ。

 

清々しい気持ちになれる本。

こういう状況だからこそ、読んでほしい一冊です。

いつもとちがう

2020年04月24日

こんにちは、教育振興会の戸破(トハ)です。

 

ブログのタイトルにもある通り

新型コロナウィルスの影響で3月は学校が休校となり

4月となって感染者の多い都や県では緊急事態宣言が出され

「いつもとちがう」

毎日が過ぎていく今日この頃です。

 

特に飲食業や観光業の方々にお話を聞くと

私が想像している以上に事態は深刻で

一刻も早い収束を願うばかりです。

 

改めて思うのは、

「私が今できることを精一杯努力しなければならない」

ということです。

 

人ごみを避ける。

手洗い、うがい等を徹底する。

体調を整える。

 

などの自分自身の管理ももちろんですが、

 

それ以上に、仕事を通じて社会に貢献するために何ができるのか

 

このことを真剣に考えていきたいです。

 

ある鹿児島の居酒屋さんがTVの取材で

「今こそ経営理念の実践だ」と

答えていらっしゃいました。

 

まさしくその通りだなぁと思いました。

 

今は感染拡大の防止のため、ある程度仕方のないこともありますが

子どもたちの学ぶ機会が失われていく現状を少しでも取り戻すために

「今、勉強できるときに一生懸命頑張ろう!」

と思えるような環境づくりを担っていきたいと思います。

 

ではまた!

PS まだ満開とはいきませんが、桜が綺麗でした。

コロナに負けるな

2020年04月16日

こんにちは。教育振興会の亀田です。

 

新学期が始まり,新しい学校生活,新しい学年,新しい先生,新しい友人と,いろいろな新しいがあると思いますが,皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

コロナウイルスによって,先月初旬から休校措置がとられ,その中で,鹿児島県内でも4例の感染が確認されました。学校や部活動が停止して,生徒の皆さんは自宅待機を余儀なくされ,ストレスの溜まる日々だったと思います。

 

私が所属している鹿児島国体に向けたハンドボールチームvarious鹿児島も,練習が中止になり,5月の九州大会も中止となり,非常に残念でした。

 

幸いなことに,その後,鹿児島県内では,現時点では,大幅な感染拡大にはいたっておらず,学校も4月から始まり,生徒の皆さんにとっては,少しずつ日常を取り戻せたことはよかったのかなと思います。

 

しかし,ここで油断しないで,毎日手洗いうがい,アルコール消毒などの予防に取り組むことが大事です。

 

また,これからGWもやってきますが,なるべく人が多く集まるところには行かないようにしましょう。

 

いろいろなイベントが中止になるなど,楽しみなことは少ないかもしれません。

 

できないことがある中で,できることをして時間を有効に使いましょう。

休校によって学習が遅れていると思った人は,教科書を見て復習・予習をするのもいいと思います。

部活で体力や筋力が落ちていると思った人は,家で行えるトレーニングもいっぱいあります。

 

やりたいことはいっぱいあるかもしれませんが,今は我慢して,少しでも感染が広がらないように,私たちにできることを考えていきましょう(^^)

 

一刻も早く,コロナウイルスの感染が収束することを願っています。

 

再会

2020年04月10日

2020年も3か月を過ぎ,先週からは新年度に突入しました。

春は出会いと別れの季節ですが,今年は「再会」の場面が多かったように感じます。

 

先日,今年度の鹿児島県の教職員人事を確認していると,

中学校教員の新規採用のところに見覚えのある名前が…

学習塾でのアルバイト時代に教えていた生徒でした。
(彼の勉強の役に立てていたのかは甚だ疑問ですが(^^;))

すぐにバイト時代の知り合いに連絡を取り合って昔を懐かしみました。

そのうち昔の講師と生徒で集まれたらいいなぁ…

 

そんな懐かしさもあって,先週,大学の近くを通って帰宅していると…

アルバイト時代の後輩に遭遇しました‼

何年も連絡を取っていなかったのに,当時と同じように会話ができて,その場でしばらく話し込んでしまいました。

 

一度縁がつながってしまえば,時間が空いても楽しく笑いあえるものです。

なかなか気軽に友人と笑いあうことも難しい状況が続いていますが,
友人や家族と笑って再会するためにも,不要不急の外出は控えましょう(^^)。

2020年04月03日

教育振興会の國澤です。

皆さん,今年はエイプリルフールに嘘はつきましたか?

 

私は例年エイプリルフールをとても楽しみにしていて,

「ククク今年はどんな嘘をついてやろうか」と,3月の中頃から

頭をひねっているような人間です。

※普段はそんなことないですよ!

 

今年はブログの順番的にエイプリルフールネタでブログを書いてみようかな,

と当初は思っていました…思っていましたが…

 

昨今の社会情勢を鑑みるに,正直今年は嘘をつく気分になれず,そもそも

そこまで頭が回りませんでした。

 

世間を見渡すと,嘘のようなホント,ホントのような顔をして流される嘘,

そして嘘であってほしかったようなホント,

 

あまりにも沢山の情報が錯綜しています。

 

それでも,日々の生活はしっかりと回していかないといけません。

 

このような状況下で自分に何ができるのだろう,と日々手洗いうがい,適度な運動,

栄養補給を心がけて過ごしています。

 

皆様もどうか体調には万全の注意を払い,お過ごしください。

 

来年のエイプリルフールには,最高の嘘を言い合えることを願って…

カレーな日々

2020年03月27日

私事ですが、最近、スパイスカレーにはまっております。かなりの遅咲きですが…(*´ω`*)

スパイスはとっても健康に良いため、カレーは食べる漢方薬とも言うそうです。免疫力を高める必要が急務のこのご時世、ここぞとばかりにスパイスカレーを食べようとしている岩下です。

 

弊社の近くにも、おいしいカレー屋さんがチラホラあります。

お昼休みにダッシュでお店に向かっては、モリモリとスパイスのきいたカレーを食べ、全身にカレーのにおいをまとわせながら会社に戻ります!

会社に戻れば「カレー臭、カレー臭!」とブーイングですが、多少も申し訳なさを感じつつも、それに負けない強い意志を持って食べ続けています(`・ω・´)

 

私の思い込みもあって、食べるたびに身体が元気になっているのを感じます。これで免疫力UPか?!

 

世の中が落ち着かない今ですが、こういう時期だからこそ、自分や自分の周りの人の大切な健康に目を向ける機会にするのもいいのかもしれません(´ω`*)

パワースポット

2020年03月19日

教育振興会の押越です。

 

先日,日置市吹上にある大汝牟遅(おおなむち)神社と,その近くにある大クスを見に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大汝牟遅神社は伊作島津家の宗社であり,

島津家のお殿様にもゆかりの深い神社がここにあるとは知らず新たな発見でした。

 

社殿も凛とした雰囲気であり,歴史の深さを感じることができます。

 

また,この神社の近くにはパワースポットの千本楠があり,

 

神秘的な空気が漂っているように思いました。

 

日々のせわしない毎日を忘れさせてくれるような自然にふれることができ,

 

心身ともにリフレッシュすることができるので,

 

時間をみて,また行ってみたいと思います。

 

受験を終えたみなさんも,心身をリフレッシュして,次のステージでがんばってください。

苦手なのに・・・

2020年03月12日

公立高校を受験されたみなさん、受験お疲れさまでした。

世の中が慌ただしい中、気持ちを維持していくのはとてもたいへんなことだったと思います。

頑張ってきたみなさんへ、いいお知らせが届くことを願っています。

 

さて、わたくし馬場も、先日まである資格取得に向けて勉強をしていました。

結果は見事合格しました!ヤッター!

今まで、ずっと受験勉強をしていたので、勉強がなくなって時間を持て余してしまい、

なぜか!苦手な裁縫をはじめてしまいました。

マスク作り、です。

簡単にできるマスクの作り方、とか縫わなくてもできるマスクの作り方、とかいう動画を見るたびに、

裁縫が苦手な私にもできるんじゃないかと思い、作ってみました。

 

 

 

 

 

 

私の裁縫の技術の乏しさと、生地の派手さとで、見た目はこんな感じですが、付け心地は悪くない!

ミシンと手縫いとでチクチク。これを機に裁縫が好きに・・・はなりませんでしたが、

手作りも楽しいなぁと思いました。

 

みなさんも今の状況で行動が制限され、ストレスを感じることもあるかもしれませんが、

読書や書道、裁縫や瞑想!なんでもいいかと思います。

いつもできないことをやってみるのもいいかもしれませんね。

2020年03月06日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週弊社の前をお昼時に通過する焼き芋屋さん。

「石焼き芋の歌」が近づいてくると,財布を手にダッシュする女性社員。

「芋が好きな女性多いなー」と,その光景を写真に収める上司。

そんな冬の日常も間もなく終わり,花粉の舞う季節がやってまいりました。

 

もう,春ですね。

 

あ,こんにちは。教育振興会の山之内です。

 

鹿児島・宮崎ともに公立高校の一般入試が終了しました。

 

若干の形式の変更は見られましたが,ここ数年の流れから大きく逸脱するものではなく,現代社会で必要とされる情報分析力や表現力を見ようという内容になっていたと分析しています。

 

この時期のブログ担当になることが多く,今年も受験生にこの言葉を贈りたいと思います。

 

「The show must go on」

 

この言葉は,あるイギリスのバンドの曲のタイトル(慣用句でもあります)で,直訳すると「ショウは続けなければならない」ですが,「一度はじめたことはやり遂げなければならない」とか,もっと意訳すると「まだ終わってないよ」といった意味です。

 

コロナウイルスの影響で先が見えない。色々なことに落胆したり失望したり。

それでも人生は続いていく。だから前を向いて歩み続けよう。

 

特に普段の学校生活を突然途中で切り上げさせられた,受験生の皆さんの心中には計り知れない思いがあるでしょう。

それでも,自分たちのやるべきことに必死に取り組んだ受験生の皆さんには「本当に,本当によく頑張ったね!」と心からお伝えしたいです。

 

 

合格発表は,鹿児島が13日,宮崎が18日。

 

皆さんのもとによい知らせが届き,日本の色々な場所で特大の笑顔の花が開くことを心よりお祈り申し上げます。

平常心で入試に向かおう

2020年02月28日

こんにちは。教育振興会の中尾です。

受験生のみなさんは,新型コロナウイルスの影響で,高校入試がどうなるのか

ずいぶん心配されたと思いますが,従来の日程で入試が行われることが決定しましたね。

ただし,面接は行われないということですが。

 

県教委からは入試の実施にあたって,以下のような注意点があったそうです。

〇受験生が校内で集合する場合は,できるだけ屋内での密集を避ける。

〇集合時に受験生の健康観察を行う。

〇合格者の発表は校内での掲示は避け,ほかの方法で行う。

〇新型コロナウイルスの感染防止策として次のことに留意する。

・こまめに換気する。

・手洗いやせきエチケットを徹底する。

・可能な範囲でアルコール消毒薬を設置する。

・可能な限り受験会場の机の間隔をあける。

 

高校の方も万全の体制で受験環境を整えてくださることと思います。

みなさんは,まずは体調管理にじゅうぶん注意して入試当日を迎えてください。

そして自分の持っている力をすべて出し切ってください。

そのためには平常心が大切です。

難しい問題が出てきてもあせらないでください。まわりのみんなにも難しい問題なのです。

難しい問題ができることよりも,易しい問題でミスをしないことのほうが大事です。

 

受験勉強をがんばってきた皆さんに合格の喜びがおとずれますことを祈っております。

安心

2020年02月21日

みなさんこんにちは。先日2泊3日で台湾に行ってきました。

新型コロナウイルスがはやる前に申し込んだので、キャンセル料などいろんな事情が重なって、結局行くことにしました。結果的に、もう二度と体験できないような旅になったので、報告させてもらいますね。

 

まずパッキング。マスク(3日分と予備)、ウエットティッシュ(アルコール消毒99.9%!)、ウィルスバリア(衣類の上からタイプと顔にかけるタイプ)などを詰め込みました。ほんとにこれが効くのか?と半信半疑でしたが、安心には代えられず、でも普段旅行するときには絶対に詰めないものだよなあと思いました。

 

さて、空港についてみると、マスクをしていない人はいませんでした。本当にみんなマスクをしているんです。旅行者も空港スタッフも、みんなマスクをしていて、私もまた、そのうちの一人でした。大量買いしたマスクを、スーツケース用のカートで運んでいる一家も見かけました。

チケットカウンターでは、過去2週間の渡航歴を確認されました。台湾への入国は、2週間以内に中国本土や香港を訪れた人は禁止されているためです。他にも、ウイルス感染を受けて、もっと審査基準を厳しくしている国もあるようです。

 

台湾についても、またマスクをしている人の多さに驚きました!空港でも思いましたが、本当にみんなマスクをしているのです。老若男女、すれ違う人全員。ガスマスクのようなマスクをした子どもも見ました。3日間台湾に滞在しましたが、その中でマスクをしていない人はほんの2、3人しか見かけませんでした。

地下鉄は消毒のにおいがして、デパートには簡易消毒液が置かれていました。ホテルに出入りするときは、簡易温度計で熱を計られました。熱があればきっと何かの措置が取られるはずです。徹底的に予防する!という強い意思と高い危機管理能力を実感しました。

ですので、一日目にして思いました。もしかすると、台湾にいたほうが新型コロナウイルスにかからないのかもしれないと。

 

しかしその気持ちは、「あれ、もしかしてマスクしなくても大丈夫なんじゃない?」という、たまたますれ違った日本人観光客の言葉で反転しました。ちょっと考えてみると、多分、大丈夫ではないと感じたからです。

確かに、本来マスクは、病気の人がウイルスをまいてしまうのを防ぐためにするものです。健康な人が予防のために一般的なマスクをつけても、その効果はあまりないといわれています。

ですが、もし全員がマスクをつけるなら、そのうちの誰かが無意識に病気にかかっていても、感染が広がるのをある程度防ぐことができます。マスクを着用した人がランダムにいるときよりも、病気にかかるリスクが下がりますし、なにより“安心”できます。

私たちは日本出国時からずっとウイルス対策をしており、健康体の自信がありました。それでも3日間マスクをし、手洗い・除菌を忘れませんでした。私達の“安心”のためでしたし、台湾の人たちの“安心”のためでもありました。だから、「マスクをしなくても大丈夫」な場合はほとんどありません。今回のように、集団ヒステリーに陥りやすい場合は特に。全体の安心のためにマスクをすることも必要なのです。そういう意味で、台湾の人たちはよく足並みを揃えているものだと尊敬しました。

 

さて、公立入試まで約2週間。みなさんはしっかり予防できていますか? 暖かくなったり寒くなったり、体調的にも厳しい時期だと思います。たくさん努力したみなさんが”安心”して受験に挑めるよう、今からでも予防に力を入れてください。そうして、みなさんが行きたい高校に行けるよう願っています。

「おやつ」の時間も大事(*^-^*)

2020年02月14日

今日2月14日はバレンタインですね。

チョコレートをもらった人,あげた人,作った人,自分のために買った人…それぞれのバレンタインを満喫していることと思います。

学生時代は,友チョコを買ったり作ったり交換したりしながら楽しんだものです╰(*´︶`*)╯♡

 

チョコレートといえば,バレンタインに限らず,おやつの時間に食べている人も多いですよね。(私もよく食べている1人です。)

 

今日は「おやつ」についての話をしたいと思います。

 

さて,皆さん「おやつ」とはどんな意味を持っているでしょうか?

 

おやつとは,江戸時代の時間を意味する言葉「八つ時(午後2時〜4時)」に由来し,昔は午後に食べられている間食を指していたそうです。

今でも「3時のおやつ」と言いますよね(^ ^)

 

ちなみに「10時のおやつ」も聞いたことがあると思いますが,これは保育園や幼稚園などで「3時のおやつ」と一緒に2回設けられていることが多く,体の小さい子供たちが食事だけで補えない栄養を取るために大事な役割をしているようです。

(私にも保育園に通う子供がいますが,おやつの時間が2回あって,おにぎりなどもおやつとして出されていることもあり,改めて子供にとってのおやつの大切さを感じているところですφ(..))

 

また,おやつは気分転換になったり,ちょっと幸せな気持ちしてくれたりしますよね(^∇^)

好きなお菓子を食べるときに特にそう感じます。(ただし,食べすぎには気を付けないといけないですね…(^▽^;))

 

 

受験生の皆さんは,公立入試に向けてラストスパートをかけているところだと思います。

「おやつの時間」などはなかなか取れないと思いますが,休憩の時に好きなお菓子を食べてちょっと気分転換をし,勉強頑張ってくださいね\(^o^)

中学2年生のための校内推薦入試とこの時期の重要性について

2020年02月07日

2月といえば,様々な行事がありますね。3日の節分,11日の建国記念日,14日のチョコレートを食べる日,23日の天皇誕生日(今年は日曜日のため,24日が振替休日),そして4年に1度(閏年)の29日。

ここに挙げただけでも多くの行事がありますね。

中学3年生は,入試に向けてラストスパートをかけている頃ですが,今日は中学2年生に向けてお話ししたいと思います。

公立高校入試は3月にあると思っている人が多いかもしれませんが,実は,2月にも試験が実施されるのです。それは,公立高校の推薦入試です。

推薦入試では,学校の代表として推薦をもらうために,校内選考が行われます。
そこで大切になってくるものの1つに「学校で行われる定期試験の成績」があります。

そのためには,どのような勉強方法をしなければならないのか…。それは,日々の復習,+αで予習をすることも大切です。

もちろん,試験の成績だけでなく,日々の学校生活(掃除を真面目にする等)も大切になります。

推薦入試一本で…と考えている人もいるかもしれませんが,
皆さんには推薦入試だけでなく,一般入試の対策も同時に進めていくことをお勧めします。一般入試の対策をしていくと普段の学校の成績も伸びるので,結果的にどちらの合格も近くなります。

大変な時期かと思いますが,人生にとって,自分を成長させる大きな時期になることは間違いありません。

中学3年生の皆さんは,これからの1分1秒がとても大切になってきます。体調管理に気を配りながら,各々の勝負に挑んでください。

中学2年生の皆さんは,そんな先輩たちの姿を追いかけて,来年の入試に向けてスタートしましょう。

PAGE TOP