鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

スタッフブログ

キャンプ

2018年02月14日

教育振興会の押越です。

 

この時期になると,楽しみなことの1つにサッカーチームのキャンプがあります。

 

特に鹿児島にはJリーグのいろいろなチームや,最近では海外のチームも鹿児島にキャンプインしています。

 

私は先日,鴨池陸上競技場に出かけて,鹿児島にキャンプしているジュビロ磐田と湘南ベルマーレとの練習試合を観戦しました。

寒い中での観戦でしたが,観客も多く,選手のプレーや技術が生で見られ,少年団の子供たちや学生にとっては,勉強にもなったのだと思います。

 

プロのスポーツ選手は,この時期にしっかりと準備をして,来るべき本番に備えているのだと思い,私も来年度に向けてできることを準備していかなければと実感させられました。

 

受験生のみなさんは来るべき本番まであともう少しです!

準備のし忘れがないように最後までがんばってください!

決断はシンプルに

2018年02月09日

こんにちは、教育振興会の山之内です。

 

本日は中学3年生にとって最後の統一模試(入試プレテスト)の結果発送日です。

 

公立高校の願書受付にあわせて弊社もできるだけ早く受験生に結果を届けるべく、不眠不休?の一週間を過ごしております。

  

 

(今回は結果を早く知るために学習塾様が直接取りに来られるケースも多々見られます)

 

来週発表の出願倍率と今回の結果をもとに、悔いのない受検校決定を行ってください。

 

さて、この時期になると受験生の中にも進路の決まる人が現れます。

 

まずは必死の努力が報われて見事志望校合格を果たした受験生の皆さん、おめでとうございます!!

 

そして、来月に公立受験を控えるみなさん、残り一か月を切りましたよ!

とはいえ、すでに進路が決まった友達の嬉しそうな姿を見て、もしかしたら「自分も早く楽になりたい」という気持ちや焦り・不安が生まれてきた人もいるかもしれません。

 

色々な思いがあふれて勉強が手につかなくなっている人は、ここで改めて、シンプルに「自分の目標(志望校)」は何なのかを思い出しましょう。

 

4月以降の自分をイメージしてみましょう。

 

毎年受験生を見ていて、受験生の志望校に対する思いが最も試される時期がこの時期だと感じます。

 

不安や迷いを断ち切って、残り一か月、目標のために全力で頑張れ受験生!!

2月になりました

2018年02月01日

教育振興会では、今週末にあるプレテストの準備にバタバタしております。

そういう私、ババも無駄にバタバタと走りまわっております。

 

先日郵便局に行くと、このようなものを見つけました。

合格祈願のキットカットです。

私も学生時代、試験の前には必ず母がキットカットを2個準備してくれていたことを思い出しました。

(キットカット2 → キットカットツー → キットカツ!)

それ以外にも、祖父母に買って来てもらった大宰府天満宮のお守りに「合格できますように」とお願したり、友達にもらった「喜入」駅の入場切符(喜び入るで縁起がいいそう)をお財布に入れて持ち歩いたりしていました。

他力本願・・・ですね(*´з`)

 

受験のときは自分のことに必死で、周りのことが全く見えていませんでしたが、思い出してみると家族や周りのみんなに支えてもらっていたんだなぁと感謝することがたくさんあります。

(今さらですが)あのときは、ありがとうございました。

 

公立入試まであと約1か月となりました。

自分のできることを必死にやっていけば、きっととてつもなく素敵なものを手にすることができると思います。応援しています!がんばれーーー(*^^)v

いよいよ私立高校入試ですね

2018年01月23日

こんにちは。教育振興会の中尾です。

 

いよいよ今週から私立高校の一般入試が始まりますね。

受験生のみなさん。実力を100%発揮して,ぜひ合格を勝ち取ってください。

 

しかし,実力を全部出し切るというのはなかなか難しいですよね。

体調がよくなかったり,緊張し過ぎたりするとなおさらです。

 

体調不良は風邪やインフルエンザなどの病気だけでなく,精神的なプレッシャーに

よっても起こりやすいので注意が必要です。

保護者は励ましのつもりで言った言葉でも,受験生のプレッシャーになることは

あるので,気を遣いますよね。

私も娘が受験の時は,余計なことは言わないようにしていたような。

いや,よく考えると,当時は娘からそっけない(冷たい?)態度をとられ,

会話があまりなかったような記憶です。(今は普通にしゃべってくれています)

 

適度な緊張は,実力を発揮するために必要らしいです。

困るのは,緊張しすぎてしまうことです。

過度の緊張を適度な緊張に変えることができるとよいわけですが,その方法が

いろいろとあるようですね。深呼吸とかストレッチとか。恥ずかしがらずに

やったらいいです。どうせみんな少なからず緊張しているのです。

だれも笑ったりしないはずです。

 

場慣れしていると,緊張も抑えられますよね。

統一模試は,私立高校を受験会場にして実施することがあります。

そして多くの生徒が私立高校での受験を経験しています。

その経験のあるみなさんなら,きっと緊張も少なくてすむのではないでしょうか。

 

繰り返しになりますが,みなさんが実力を発揮されて合格を勝ち取られることを

お祈りしております。

 

 

 

 

続「西郷どん」

2018年01月18日

大河ドラマ「西郷どん」が始まり、第二話まで放映されました。

 

こんにちは! 教育振興会の黒木です。

 

幕末明治維新時期の日本史に興味がある方は多いのではないでしょうか。

 

私は、先日休みの日に日置市日吉町日置の日置南洲窯に行ってきました。

 

以前から行きたいなあと思っていたのですが大河ドラマ「西郷どん」がスタ-トして、何か面白いことがないかなあと思って訪れたのでした。

 

日置南洲窯の代表は南洲翁の曾孫にあたる西郷隆文氏です。

隆文氏は陶芸家として「現代の名工」に選ばれるなど優れた技術を持っていらっしゃる方です。

 

展示館で作品を拝見した後、隆文氏に声をかけられて話をする機会がありました。

南洲翁に風貌が似ていらっしゃるようでとても話しやすい方でした。

 

南洲窯を出て車で5分ほどの国道270号線沿いに讃岐うどんのお店があり、そこで昼食を取りました。お客さんがいっぱいで1時間近く待ちました。

それにしても大河ドラマ「西郷どん」から目が離せないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の干支は

2018年01月11日

 

どうも、皆様こんにちは。

教育振興会の倉野でございます。

2018年1月1日から熱を出して寝込むというスタートをしてしまいました。

今年は体調管理に気をつけて1年間過ごしていきたいと思います。

 

さて、タイトルにもありますように今年の干支は「戌」ですね。

1月11日=「ワン・ワン・ワン」­=「戌年」の話題を振るにはいい日ではないかと
思い、一応1月11日が何の日か調べてみました。

 

~1月11日~

◆鏡開き

正月に年神様に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事。

武家社会の風習だったものが一般化し、刃物で切るのは切腹を連想させるため、手や木鎚で割ったり、砕いたりする。また、「切る」という言葉をさけて、「開く」という縁起の良い言葉を使っている。

◆蔵開き

商売をする家で、新年初めて蔵を開き、商売繁盛を祈る。

◆塩の日

1569(永禄11)年、武田信玄と交戦中の上杉謙信が、武田方の領民が今川氏によって塩を絶たれていることを知り、この日、越後の塩を送ったとされている。この話が、「敵に塩を送る」という言葉のもととなった。

 

なるほど、なるほど。

調べてみると、けっこうおもしろいものですね。

さてさて、では肝心の「犬」の日は・・・・・

「1月11日」ではありませんでした。

「11月1日」でした。

し、知ってましたよ。(大汗)そっちでも読めますもんね。(焦り)

何はともあれ「犬の日」が「11月1日」であることを覚えました。

 

若干強引な「戌年」への振りでしたが(笑)

皆様方にとって2018年「ワンダフル」な1年となるようにご祈念申し上げます。

1月7日

2018年01月07日

あけましておめでとうございます。

本年も教育振興会をどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年もスタートして、もう7日が経ちました。

本日1月7日は七草です。

皆様は七草がゆは食べられたでしょうか?

私は、会社の先輩が七草がゆを作ってくださったので、お昼ご飯にいただきました( *´艸`)ムフ

あの独特の風味が最高でした!

 

さて、みなさんは七草の名前をすべて言えますか?

少し考えてみましょう!

さあいかがだったでしょうか?

そう、「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」の七つです!

 

私はこの春の七草を子どものころに一生懸命覚えました。

ちなみに、ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。

これは最近覚えました(笑)

 

七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担がかからないおかゆで食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。

年末年始、脂っこいものや味の濃いものをたらふく食べた胃がつかれていた私にはぴったりでした(*^-^*)

 

みなさんも、季節のものを食べて、自然を感じてみてはいかがでしょうか。

 

年末年始で少し太ってしまった渕上でした。

今が大切

2017年12月28日

こんにちは、戸破(トハ)です。

弊社も本日が仕事納めです。

さて、12月になるとテレビやニュースなどで1年間にあった出来事を

振り返る場面をよく目にします。

 

私には、12月になると手帳を数年分まとめて見返す習慣?習性?があります。

 

意外と自分で大事なことを忘れないように書いているつもりでも何年か経つと

書いた記憶すら忘れてしまうことがあります(-_-;)

 

その中で出てきた言葉を一つ紹介したいと思います。

 

(英文)

The past is history,

the future is a mystery,

and this moment is a gift.

That is why this moment is called ’the present’.

 

(和訳)

過去は歴史であり、未来は神秘だ。

そしてこの瞬間は神様からの贈り物である。

だから今この瞬間のことを、”プレゼント”と呼ぶのだ。

 

どうして「現在(今)」のことを英語で「Present」というのか?

 

Pre=あらかじめ、前もって

sent=贈られた渡す・贈るsendの過去形・過去分詞形

 

つまり現在(今)「Pre-sent」とは

「前もって贈られていた」ものという意味になります。

 

では、誰から?

それは「過去」からです。

 

現在(今)は過去からの贈り物。

つまり、現在(今)の自分は過去の自分からの贈り物です。

 

そしてそれはまた、

現在(今)の自分が未来の自分宛てにプレゼントを贈ることができるということです。

 

現在(今)という意味の「Present」

 

神様からでもいい、

過去の自分からでもいい、

 

大切なのは現在(今)という時を与えられた贈り物として

感謝しながら大切に生きることではないだろうか?

 

当時の私は、そんなことを思っていたようです(笑)

 

では、みなさん、よいお年を!=^_^=

今年はどんな年?

2017年12月22日

教育振興会の亀田です。

 

もう今年もあと10日を切りましたね。

一年があっという間すぎて…やりたいことがありすぎて365日では足りませんね(笑)

 

もうすぐ終わる2017年ですが、いろいろなできごとがありました。みなさん覚えてますか??

 

では今年の主なできごとを私が担当している社会科の観点から振り返ってみましょう。

 

 

まずは1月に、アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。トランプ大統領に関することは、私立入試などでも取り上げられるかもしれないですね。

 

8月には、第3次安倍改造内閣が発足されました。もう受験生のみなさんなら覚えてるとは思いますが、日本の総理大臣の名前は押さえておきたいですね。

 

9月には、上野動物園のパンダ、シャンシャンが生まれました。直接は問われないかと思いますが、この話題にふれる問題もあるかもしれません。

 

10月には、衆議院議員選挙が行われました。選挙権を得る年齢、衆議院の議員定数、任期などさまざまな内容を問われるかもしれないですね。

 

また、今年の漢字に「北」が選ばれたように、今年は1年を通して、北朝鮮問題も世間を賑わせました。ミサイルや拉致問題など、さまざまな問題を抱えていますが、そういった話題にふれた問題もあるかもしれませんね。

 

 

来年は2018年。鹿児島県の話題でいえば、大河ドラマ「西郷どん」が放送されます。明治維新から150年。近代の日本に関する出題も見られそうですね。

 

 

受験生のみなさんは、これから冬休みにはいると思います。今年1年どんな一年だったか振り返る、来年の1年はどんな年にしたいか、そういった時間を考えるのも良いと思います。

 

明るい未来にするための第一歩として、目の前の受験を乗り越えてください(^ ^)

凍えそうな季節になるとアレが役に立ちます

2017年12月15日

こんにちは、教育振興会の河野です。

寒い日が続きますね

自転車通勤をしている私は、毎日耳をキンキンに冷やしております(今年こそ耳当てを買うべきか…)

寒い寒いと思っていたら12月14日の朝に伊佐市で-5.7℃ その他の地域でも今年一番の冷え込みになったところが多かったようです。

こんなときに役に立つのが「使い捨てカイロ」ですよね。

仕組みは中学2年生で学習する「鉄の酸化による発熱反応」が利用されています。

でも、教科書の実験では「加熱」することで反応を進めていますし、鉄を放置していても、酸化によってさびができるためには、多くの時間が必要です。

では、どのように反応を進めているのかというと、塩と水を使っています。

水と塩にはそれぞれ、鉄が酸化するのを早めたり、酸化反応を早めたりするはたらきがあり、
このはたらきを使ってカイロがすぐに暖かくなるようにつくられています。

この「塩」と「水」で酸化が進むという現象は別の場所でも見ることができます。
海の近い地域では金属製品がすぐにさびてしまうのですが、これも同じ原理ですね。

身のまわりにある化学反応探してみると面白いかもしれません。

 

 

冷えから体を守るために

2017年12月08日

こんにちは(*^▽^*)

教育振興会の永野です。

 

「布団やこたつから出たくない(/o\)」と思うような季節になりましたね。

冬生まれの私は、冬が好きなのですが、やっぱり「寒い!!!」と思ってしまいます。

 

さて、この季節、

「手足が冷えてつらい」「なかなか手足が温かくならない」

とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今日は、最近、あるテレビ番組で取り上げられていた

「手足が冷える原因とその対策方法」

についてお伝えしたいと思います。

 

まず、手足が冷えてしまう原因は・・・

「体中にある毛細血管の中で、指先の毛細血管にまで血が行き届いていないこと」だそうです。

  • 毛細血管は、中学校の理科でも学習しましたね☆

 

そして、解決するには

「血のめぐりをよくすること」が大事で、

 

その方法は…

 

①2、3日に1回、シナモン(0.6g~3g)を摂る

シナモンには、血管を丈夫にする効果があって、シナモントーストを食べたり、カフェオレやミルクティーにちょっとかけて飲んだりするといいそうです。手先が温かくなるようです。

  • 摂りすぎには注意しましょう!!

 

②30秒正座したあと、立ち上がる(これを3セット)

正座をするとふくらはぎに体重がかかるので一時的に血が止まってしまいますが、立ち上がったときに足先まで血液がめぐりやすくなるそうです。

  • ただし、無理のない範囲で!!
  • 正座の苦手な方は、スクワットでも足先を温めることができるそうです。

 

体が温まらないと、布団から出ることができなかったり、やる気が起きなかったりしますよね。

これから、クリスマスやお正月などの楽しいイベントや、受験生にとっては大事な入試の日が待っています。

体をしっかり温めて、元気に過ごしていきましょう(/・ω・)/

ゆで卵

2017年12月01日

教育振興会の國澤です。

いきなりですが,下の写真は先日の私のお弁当に入れていたおかずの一品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…一見するとただのゆで卵ですが,実はこのゆで卵,ただのゆで卵ではございません。

なんと,この殻付きの状態ですでに塩味がついているのです!(ナ・ナンダッテー!?)

いわゆるコンビニなどで売っている「塩ゆで卵」なのですが,実はご家庭で簡単に作ることができます。

 

作り方はいたって簡単。ゆで卵を作って,熱いうちに溶けきれないくらいに塩を溶かした食塩水(中学1年で習う「飽和水溶液」の状態の食塩水)に入れておくだけ! これだけで24時間後にはコンビニで売っているのと同じような塩ゆで卵の出来上がりです。

(薄めの味付けがいい場合には12時間程度で取り出すといい感じに仕上がります。また,そのまま入れていると非常に塩辛くなるので,24時間を目安に取り出してください。)

 

なぜ殻つきのままなのに味がつくのか…これは浸透圧(高校で習うみたいですね)によって説明できます。ざっくり言うと,卵の殻には目に見えないような無数の穴が開いていて,ゆで卵を飽和状態の食塩水の中に入れておくと,食塩水の中の塩分がその穴を通って卵の中に入っていくので,殻付きなのに塩味がつくということなんです。

 

このゆで卵に味がつく仕組みを知ったとき,私はふと人が成長するということはこういうことなのではないかと思いました。

 

ゆで卵を人間とするならば,飽和食塩水のような濃い環境(鹿児島弁では「こいごいとした」といいます)の中に漬かることで色々なものを吸収し,文字通り「味のある」人になれるのかもしれません。

 

受験生の皆さんでいえば,今受験に挑んでいる中での不安や葛藤,勉強や進路,人間関係などの様々な悩みにあふれた今が,こいごいとした塩水なのでしょう。そんな中でたくさんのものを吸収していけば,きっと「味のある」人になれると思います。私たちも,そんな皆さんを応援したいと心から思います。

 

ただし,先ほども言いましたがゆで卵を長時間入れていると塩辛くなってしまいます。

こいごいとした環境の中で疲れてしまったときは,リラックスするのも忘れずに (^^♪

 

冬将軍め!

2017年11月24日

こんにちは!教育振興会の岩下です。

 

今週から急に寒くなりましたね!

秋になったなぁと思っていたら、勢いよく背中から冬将軍に追い抜かれた気分です((+_+))

 

寒さが苦手な私は、毎年この冬将軍を迎え撃つ準備に余念がありません!

羽毛布団、ヒーター、モコモコ靴下、ズボン下(笑)…戦いの武器は多いに越したことはありません<(`^´)>

 

毎年毎年「寒いのイヤだー、寒いのイヤだー」と言っていたのですが、今週ふと思いました。…鍋を楽しみにしている自分がいる…と(・ω・)ㇵッ

その他にも、肉まん、おでん、…食べ物ばかりになりましたが、鹿児島にたまにちらつく雪や、空気の澄んできれいな星空を見ること、など。

私が冬将軍を傍らに楽しんでいることがたくさんありました。意外と好きなのかもしれません、冬将軍( *´艸`)

「寒い」=「つらい」と決めつけていましたが、どうせ同じ寒いなら今年は積極的に冬の寒さを楽しんでみようかと思いました。

 

とはいえ、寒さと乾燥で体調を崩しやすいこの季節、受験生のみなさんは冬将軍と上手に付き合って、暖かい春を迎えてください☆

成長の可能性

2017年11月17日

 

教育振興会の押越です。

 

最近,インターネットで,ある企業が行っている「成長可能性の高い都市ランキング」で
第一位の福岡市に次いで,鹿児島市が第二位に入っておりました!!

 

鹿児島市民の一人としては,大きな驚きと,「鹿児島市って全国から見たらまだまだ成長で
きる都市に見られているんだ」という嬉しい気持ちが出てきました。

 

このランキングは,各都市の企業数や平均地価、人件費といった統計データだけでなく,
住民へのアンケートから得られた情緒的な要素,例えば,居住環境は快適かどうか,街に
活気があるかどうかなども指標化して分析したものらしいです。

 

このような記事を見ると,自分でもまだまだ伸びしろがあるのかもと思ったりして,モチ
ベーションが自然と上がります。

 

受験生のみなさんは受験シーズンに入りましたが,自分の伸びしろ・可能性を信じて最後
までやりきってください!

 

 

 

 

 

 

栄養補給

2017年11月10日

こんにちは,教育振興会の山之内です。

 

朝晩肌寒くなりましたが日中はまだまだ汗ばむ今日このごろ,弊社のK君は本日も朝から汗だくです。(最近健康のために自転車通勤を始めたこともあり,朝から滝のような汗を流しております)

 

話変わり,ようやく秋らしさを感じる中,「旅に出た者」「スポーツで汗を流した者」「食欲を満たした者」などなど,弊社スタッフも先週の三連休を満喫したようです。

 

私も近場ではありましたが,美山の窯元祭りに足を運び,奇麗なものにふれたり,美味しいものを食べたり,ちょっと高価なぐい吞み(この奇麗なぐい吞み,レースグラスという,非常に珍しい技法でつくられているそうです)を買ったりして,薄汚れた心を洗濯してきました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づけば公立入試まであと100日足らず。私立入試は思いのほか早くやってきます。

 

受験生の皆さんも,心に適度な栄養を補給して受験を乗り切ってください。

PAGE TOP