鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

スタッフブログ

あと2週間!

2019年02月20日

いよいよ

公立高校入試まで

あと2週間を切りました。

先週、

公立高校の

出願者数と倍率が発表されました。

鶴丸、甲南など

鹿児島市内の高校が

倍率1倍を超えている中

地方の高校は

定員割れがほとんどで

地方出身の私としては

少し寂しい思いをしました。(毎年ですが…)

受験生の皆さんは、

自分の志望する高校の倍率

自分の私立高校の結果などから

いろいろ考えていることでしょう。

ただあまり考えすぎると

勉強に集中できなくなります。

これまでの自分の努力に自信を持つことが大事です。

体調にだけは本当に気をつけて、

残り2週間悔いのないように過ごしてください。

 

 

 

霧島神宮

2019年02月15日

先月下旬に霧島神宮に行って来ました。

 

こんにちは! 教育振興会の黒木です。

 

皆さんも霧島神宮に一度は行ったことがあるという方が多いのではないでしょうか。

 

私は、今年の正月三が日に比較的近くの神社を三か所参拝していたのですが、今年は何年かぶりに霧島神宮にも行っておきたいと思いました。

 

当日は伊集院を出発して蒲生を通り、嘉例川駅の近くを抜けて霧島神宮へ向かいました。

 

駐車場から参道へ向かい、少し歩くと右手に「さざれ石」がありました。

この「さざれ石」はもとは岐阜県の山中で発見され、この地に運ばれてきたそうです。

国歌「君が代」に詠まれている「さざれ石」です。

 

参道をさらに進んで行くと境内の右手に大きな木が見えてきました。

樹齢800年程の御神木と言われている杉の木です。全国有数のパワ-スポット:霧島神宮でも象徴的な大木です。南九州の杉の木の祖だとの説もあります。

 

本殿に参拝して御守り等を購入し、おみくじを引きました。

結果は今年3回目の「吉」でした。

 

家族の健康や安寧を願い、周囲の方々に感謝し、今年一年を過ごそうと心に刻みました。

荘厳な空気に触れ、身も心も癒されたひと時でした。

 

 

 

 

 

 

FIGHT!!

2019年02月08日

どうも、教育振興会の倉野です。

今週、指宿方面を回っていた時にプロサッカーチームののぼり旗をちらほらと見かけました。鹿児島の地でキャンプを行っているみたいです。

少し気になったので、鹿児島で行われているプロスポーツキャンプ調べてみたところ、

Jリーグ(国内サッカー J1~J3):12チーム

Kリーグ(韓国サッカー):2チーム

韓国プロ野球:1チーム

男子セブンズ日本代表候補(7人制ラグビー)2月11日からの予定

 

思っていたよりもプロスポーツチームがたくさん来ていて驚きました。

(野球をしていた者にとっては国内プロ野球チームも来てほしい~)

練習試合等も行われているみたいなので、憧れの選手を間近で見ることができたり、プロの動きや技術を目の前で見ることができるいい機会かもしれません。

 

 

さて、鹿児島ではプロスポーツキャンプで盛り上がっている中ではありますが、弊社では本日「入試プレテスト」の結果の発送を行いました。

結果を受けて色々な思いを感じると思いますが、弊社は最後まで受験生を応援し続けます!!

体調管理には気を付けて頑張って下さい!!

本日は…

2019年02月02日

こんにちは,教育振興会の渕上です。

 

先週から私立高校の入試が続き、

受験生のみなさんにとっては緊張感のある週だったと思われます。

そして本日は今年度最後の統一模試、「入試プレテスト」が行われました。

「入試プレテスト」と名のつく通り、出題範囲が全範囲となり、実際に出願した高校を志望校として判定を出す模試となっています。

 

弊社の特設会場でも、寒い中たくさんの生徒が集まってくださいました。

しかし、やはりこの季節、体調を崩された方も多くいるようで、

体調不良で特設会場で受験できないとのお電話も多くいただきました。

 

そんなお電話の中、ある保護者の方に

「今回は受けられなかったですが、毎回特設会場で受験していて、助かっておりました。今までありがとうございました。」とのお言葉をいただきました。

少しは弊社の統一模試がお力になれているのかな、と嬉しくなった次第でした。

 

 

さて、私たちは来週から、本日みなさんが解いた答案の採点業務に入ります。

みなさんが一生懸命、精いっぱい解いた答案を、弊社スタッフも心をこめて採点します。

 

より正確なデータを、早くお届けできるように頑張りますので、

受験生のみなさんも、最後まで志望校合格に向かって頑張ってください!

入試問題の過去問

2019年01月21日

先週は、大学入試センター試験、中学入試

そして今週は私立高校の入試と入学試験が続き

受験シーズンも盛り上がりを見せていますね。

 

改めまして、教育振興会の戸破です(^○^)

 

さて、この時期になると、受験生の皆さんが

取り組むのが「入試問題の過去問」ですよね。

 

私たちも当然のことながら色々な入試問題を

目にします。

 

中には、鹿児島県高校入試問題集のように

解説を作成しているものもあります。

 

入試を受ける前に入試問題の過去問を解かない人は

いませんよね?(^_^;)

 

出題の傾向はどうなのか?

問題数は?

時間配分は?

 

入試問題の過去問を解くことによって

事前に対策を練ることができるわけです。

 

 

しかも、入試問題には良問が多く、受検生の力量を

判断するための工夫がされています。

 

ぜひ、多くの入試問題を解いてほしいと思います。

 

ですが、「5年分解いたから大丈夫!」と

安易に沢山解いたからと言って自信を持ってはいけません。

 

今回解けなかった問題の訂正をして、

ちゃんと次に同じような問題が出てきたら解けるのか?

 

これがとても重要です。

 

そして、受検生のみなさんが自分で考えることが

何よりも大切なことだと思います。

 

入試を乗り越えて立派に成長して卒業を迎えられる

ことを祈っています。

 

あと、支えてくれる周りの方々のサポートへの

感謝の気持ちも忘れずに!!

 

ではまた!

ここからが勝負!!

2019年01月18日

こんにちは。教育振興会の亀田です。

 

2019年になりました。平成最後の受験生のみなさんは、お正月はどのように過ごしましたか?

 

私は、年末年始はいろいろ外出することが多く、なかなかゆっくりできずに、お餅も美味しいおせちもあまり食べられませんでした(おかげさまで、通常体重の増えるお正月なのにまさかの2㎏減…笑)。

 

受験生のみなさんは年明けの統一模試に向けて、年末年始もフル回転で頑張ったことでしょう!!

 

その統一模試ですが、先日、3年生の成績を発送いたしました。

 

判定が良かった人、点数、偏差値が上がった人、なかなか思うような成績を残せなかった人、それぞれ感じたことはあるでしょう。

 

しかし、ここで一喜一憂してはいけません!!統一模試は通過点に過ぎないのです!!

 

良い成績が残せた人は、ここで浮かれずに地に足付けて、入試までの残りの期間、気を引き締めてがんばりましょう。

 

思うような成績を残せなかった人も、入試までの残りの期間の過ごし方で結果は変わってきます。

残りの期間があとわずかと考えるか、まだ時間があると考えるか。考え方一つで心の持ちようが変わります。

 

いよいよこれから入試本番です。来週からは私立高校入試が始まります。

 

ここからが勝負!!まずは体調管理を一番に、最後の最後まで駆け抜けよう!!

年が明けまして

2019年01月12日

教育振興会の河野です

早いもので、新年を迎えてから間もなく2週間が過ぎようとしています。

お正月に関係する理科のお話ということで、お餅の話を少々。
お餅もご飯も、同じように田んぼでイネを育てて収穫するのに、全く別物になってしまうのはなぜでしょうか。
実家が農家で、どちらも作っているのに知らなかったので調べてみました。

私たちが普段食べている「お米(うるち米)」と
餅をつくるのに使われる「もち米」は
元々同じ植物の仲間で、つくられるデンプンの成分の割合によって分けられています。

お米にふくまれるデンプンには、
炊いたときにねばりけの少ない「アミロース」と
ねばりけの多い「アミロペクチン」があります。
※この2つのデンプンは、「ブドウ糖」がいくつも結びついてできているので、消化されればどちらも「ブドウ糖」になります。

うるち米にふくまれるデンプンは、ねばりけの少ない「アミロース」の割合が多く

もち米にふくまれるデンプンは、ねばりけの多い「アミロペクチン」のみでできています。

同じ植物で、つくられるデンプンが違う理由は、遺伝子の突然変異なんだそうです。
この2つの特徴は「対立形質」の関係にあるので、2つの花粉をお互いに受粉すると、
すべて「うるち米」になってしまいます。

つまり、うるち米が「優性形質」、もち米が「劣性形質」ということになりますね。

遺伝子と聞くと、どうしても難しく考えてしまいますけど、身近な食べ物を例にすれば理解が深まるような気がします。(ちなみに、この話題は私立高校の問題の題材として取り上げられたこともあるようです)

受験生は私立入試まであとわずか!! 最後まで気を抜かずに粘り強くがんばってください。

 

平成最後の…

2018年12月28日

教育振興会の國澤です

あわただしい年の瀬,皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

弊社は本日大掃除をして,新年を迎える準備をしました。

もっとも,受験生の皆さんは正直クリスマスやお正月を楽しむ余裕も無いかもしれません。

 

さて,2018年を振り返るとやたらと「平成最後の○○」という言葉を

見聞きしたのではないでしょうか?

「平成最後の夏」「平成最後の甲子園」「平成最後の○○セール」

「平成最後のクリスマス」「平成最後のお正月」等々…

 

同じように言うならば今年高校受験をする皆さんは「平成最後の高校受験生」,そして

中学校の卒業の際には「平成最後の卒業生」と呼ばれるのでしょう。

私自身は,自分が生まれたときから平成だったのが,来年には

変わってしまうということで,「ああ、『平成』が終わってしまうのか…」と

不思議な感慨を覚えているところです。

 

 

いつか「まさか○○(新元号)生まれと一緒にお酒を飲む日が来るとはなあ…」なんて

しみじみと思う日が来るのだろうか,と思いながら過ごす年末でした。

 

もうい~くつ寝ると~♫

2018年12月21日

年々一年が過ぎるのが早くなっていくような気がします。

ついこの前、年が明けたと思っていたのに、気がつけばもう年末です…。

昔、周りの大人が言っていたようなことが、だんだんわかるようになってきました。

 

と、しみじみ思っている今日この頃です…。

 

私は先日、近所のおじちゃんおばちゃんに呼ばれて、餅つきをしてきました!

最近はお餅は買うか、餅をついても機械でというご家庭が多いのではないかと思います。

今回私がしたのは、「杵と臼」を使った餅つきです!そうです、ぺったんこってつくやつです!(*´▽`*)

イベント以外ではなかなかお目にかかれなくなっていますよねー。

 

その日の餅つきは、御年85歳のおばあさまが、手際よくもち米を蒸し、それを臼に移す。そして、息子であるおじちゃんが力強く杵でつき、おばあさまが器用に餅を反す!

というなんとも手際のよいものでした(; ・`д・´)

 

私も杵でつかせてもらいましたが、思っていた以上にバランスをとるのが難しく、自分のへっぴり腰のひどさに引きました(笑)

とにかく餅は熱いうちにつき終わらないと、米粒がうまくつぶれないらしく、おじちゃんとおばあさまがリズミカルにバンバンついていました。

 

…ふと後ろを振り返ると、近所の子どもたちがほっぺを真っ赤にしながら興味津々で餅つきを見ていて、自分もつかせてもらおうと一列に並んでいました。そして、おじちゃんおばちゃんに付き添われながら「よいしょ!よいしょ!」と餅をつかせてもらっていました。

「なんだこの『ALWAYS 3丁目の夕日』感は…」と見つめる私(◎_◎;)

 

あっという間にお持ちはできあがり、外に出したテーブルに、つきたてのお餅と、きな粉、しょうゆ、お漬物、がね天、お茶が並びました。ザ・田舎!!

まだクリスマスも来ていませんが、一足早い正月気分に浸ってきました~(*´ω`*)

 

そして今回一番感動したのは、餅つきの指揮をとっていたおばあさまのかっこよさです⁂

いつもは自分が手を貸す側とばかり思っていましたが、お年寄りにはかなわないことが山ほどあることに改めて気づかされました。

 

つきたてのお餅を食べて、良い年が迎えられそうな岩下でした☆

こけアート

2018年12月14日

教育振興会の押越です。

先日こけアートを見に行ってみました。

 

車で山の中に入っていくと道も細くなり,小さな集落の一角に出ました。

そこから何本もの道の塀などに薩摩をはじめ幕末の偉人たちが出現しました。

今にも動き出しそうな印象を受け,こういうものも芸術の一つなんだ,こけさえも芸術になるんだとおもしろく感じました。

 

薩摩の偉人といえば,現在放送されている「西郷どん」ですよね。

次回の放送で最終回を迎えますが,西郷隆盛や大久保利通をはじめ,その周りの人々が行ってきたことに対して自分が知らなかったこともあり,勉強にもなりました。

それと同時にこれらのこけで作られた偉人たちを誇りに思います。

安〇先生…!! サッカーがしたいです……(泣)

2018年12月07日

こんにちは,教育振興会の山之内です。

 

多くの方は既にご存知かと思いますが,先月「鹿児島ユナイテッドFC」が見事J2昇格を決めました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカー好きな方にとってはとても不思議なこととして語られていましたが,大迫選手,遠藤選手,城選手,前園選手などなど,日本代表クラスの選手をこれだけたくさん輩出しているにも関わらず,実は10年前まで鹿児島県にはプロサッカーチームがありませんでした。

(それどころか,鹿児島県には当時スポーツのプロチームすらありませんでした)

 

運動に限らず,学術でも芸術でも,一流のもの・レベルの高いものを身近に感じられる環境が子供たちに与える影響は,とてつもなく大きいと思います。

 

我々も鹿児島県の教育に携わる者の端くれとして,子供たちに良い影響を与えられる存在でありたいと思う次第です。

 

来シーズンの戦いがこれから楽しみですが,あせらず,県民に永く愛される,地域に根ざしたクラブチームになって欲しいですね。

 

 

……どうでもいい話ですが,中学生になったらサッカー部に入ろうと思っていた矢先,入学祝として親父から野球のグローブやスパイクを渡されたときのことは今でも忘れません。

(野球も大好きですが,中学・高校時代の私のアイドルは,ロベルト・バッジョとカズでした。ただ,当時のサッカー部は強すぎて,入っても続かなかっただろうな,とも思います。同級生の一人は,冬の高校サッカー選手権で鹿児島県初の優勝を勝ち取り,その後Jリーガーになりました)

干し柿

2018年11月29日

こんにちは、ババです。

先日、近所の方にこんなにたくさんの柿をいただきました

 

 

 

 

ザ・秋色! 小ぶりですが美味しそう!

と食べようとしたら、周りから注意されました。渋柿でした。

ニンジンやカボチャと同じように、柿にも多くのカロテンが含まれています。

カロテンは体内でビタミンAに変わり免疫力を高めてくれます。

 

風邪の流行りだすこの時期にはもってこいの食べ物ですね。

この後、柿は皮をむいて、カビ防止のために焼酎にくぐらせ、紐に結んで干し柿にしました。

(写真は撮り忘れました)

干し柿ができるまで数週間、美味しくできるか心配ですがとても楽しみです。

 

今週末はいよいよ第5回統一模試!

受験される皆さんは、体調を整え今までの勉強の成果を発揮してください!

泣けました

2018年11月22日

こんにちは。教育振興会の中尾です。

久しぶりに映画を映画館で観ました。

1970年代後半から1990年代初めに活躍したロックバンドのクイーン(Queen)を題材にした

「ボヘミアン・ラプソディー」という映画です。

私はフォーク世代(死語ですかね?)なので,若いころは洋楽にはあまり関心がなく,

リアルタイムではクイーンについてもよく知りませんでした。

ところが,7,8年前にうちの社員のY君がクイーンのファンで,ほぼ全アルバムのCDを

借してくれたので,私もクイーンの楽曲(独自の音作りが特に)を好きになりました。

最近,クイーンのライブを再現した映画が公開されると聞いて,ぜひとも観たくなって

映画館に行ったわけですが,映画のしょっぱなから感激することがありました。

それは21世紀FOXのファンファーレがなんとクイーンのギターの音色ではありませんか。

また本編に入っても,メンバーを演じる4人がオリジナルのメンバーにそっくりで,

ライブシーンも再現率が半端なく,途中何回もこみ上げてくるものがあり,泣けて泣けて

仕方がなかったです。ボーカルのフレディー・マーキュリーがこの後(1991年に)45歳で

亡くなることがわかっているからもあります。特に,病気が進行しており,バンド解散の

危機だったときに行ったライブエイドでの20分間の演奏は今でも伝説になっていますが,

そのシーンは鳥肌ものでした。いやー,やっぱり音楽っていいですね。

 

季節の変わり目で風邪をひいてしまいました。

インフルエンザで回りに迷惑をかけないよう,予防接種の注射はしたんですが。(痛かった~)

風邪にはきかないみたいですね。皆さんはどうですか。受験生にとって体調不良は大敵。

くれぐれも用心しましょう。

 

最後に飛行機から見えた富士山です。これもすばらしかった。

 

 

体調管理

2018年11月16日

11月なのにまだこんなに暖かいなぁと思ってたのに、もうめっきり寒くなりましたね。

これだけ寒暖の差が激しいとやっぱり気になるのが体調管理。

みなさん体調管理しっかりできていますか?

特に受験生のみなさんは予防しないといけませんよね。

学校や会社などどこでもらっちゃうかわからないのでマスクは必須です。

ちなみにウチの会社でもウイルスが猛威をふるっていて、マスク着用者が数名。。。

手洗い、うがいなど予防策はもちろん、もしかかってしまったら、他の人にうつさない気遣いも忘れないようにしましょう。

受験生のみなさんはインフルエンザの予防接種も受けましょう!

ワクチンには数に限りがあるのでお早めに!

「西郷どん」最終章

2018年11月08日

大河ドラマ「西郷どん」もいよいよあと1ヶ月ほどとなりました。

 

こんにちは! 黒木です。

 

ドラマの方は明治新政府の中で悪戦苦闘している西郷さんが描かれています。

 

この時期の西郷さんは本当に大変だったらしく、「廃藩置県」の陣頭指揮を取ったり、岩倉使節団が1年半余り欧米視察に行っている間、留守政府を預かっていました。

 

使節団のメンバ-には岩倉具視、大久保利通、木戸孝允の三人が含まれていましたが、この三人が一年半も日本を空けられたのは西郷さんが留守政府にいたからでした。

 

西郷さんがいるかぎり、御親兵が政府に対して反乱を起こすことはありえないし、最強の御親兵を擁した政府に、廃止された諸藩が反乱を企てることもありえなかったそうです。

 

戊辰戦争でも総大将に推され、明治新政府の要職にも就き、西郷さんでなくてはできないと思われていることが沢山あったようでした。

 

「征韓論」に敗れて鹿児島に帰ってきても、周りから担ぎ上げられて「私学校」の実質的な代表となり、「西南戦争」へと進んでいきました。

 

城山の露と消えた西郷さんを思うと切ない気持ちになりますね。

 

それにしても大河ドラマ「西郷どん」から目が離せないですね。

南洲墓地から桜島を望む

PAGE TOP