鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

スタッフブログ

新しい出会い

2019年04月11日

教育振興会の國澤です。

 

先日,学校では入学式があったかと思います。

新入生の人はこれから始まる新しい生活にワクワクとドキドキを抱いていたことでしょう。

新入生が入ってきて先輩になる人はドキドキの方が大きかったでしょうか。

また,新入生を迎える先生方はその初々しい姿をほほえましく感じていたのではないでしょうか。

 

そんな新しい出会いの季節ですが,弊社にも今年から新しく新入社員が入ってきました。

 

いずれこのブログにも登場予定ですが,慣れない業務を先輩たちに教わりながら真摯に

取り組む姿にこちらも日々学ばせてもらっているところです。

(ブログへの登場は6月です。ぜひお楽しみに!)

 

春という季節は色々なことの始まりの時期でもあります。

とりわけ今年は新しい元号のスタートを控えていて,よりその機運が強いのでは

ないかと思います。

 

平成最後で新時代直前の春,皆様もぜひいろいろな新しいこと

(スポーツ,習い事,語学etc…)にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

新しいことを学ぶ皆様を,我々教育振興会社員一同,心より応援します!

やはりこの話題

2019年04月05日

新年度、始まりましたね!

この春にご入学を迎えるみなさん、おめでとうございます。

そして、新元号も発表されました!「令和」

 

ニュースで最初に聞いて、「レ・イ・ワ?」(カタカナにするとどこかの金融会社みたいになってしましましたが…笑)

わかってはいましたが、やはり耳慣れないと違和感をもちます(´・ω・)

この「令和」という元号は、日本の「万葉集」の「初春の月にして 気淑く風ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という一節から取られたものだそうですね。

個人的には、音の響きや言葉の意味はなかなか素敵だと感じました。

 

645年、日本で初めて使われた元号である「大化」から始まり、様々な元号を経て今年の5月に「令和」に改元されるのだと思うと、なんとも感慨深い気持ちになります。現在では天皇の即位のためによる「一世一元の制」で改元されますが、それまでは、天皇の即位以外におめでたいことがあったタイミングや、災いがあったタイミングで改元されることがあったということです。…いずれにせよ、何らかの良い変化への期待を込めたものなのだと思います。

「心機一転!」のやる気は、機を逸してしまうと再び掘り起こすのがなかなか億劫になってしまいがちですが、今年は「元旦」に「新年度の4月」に「改元」にと自分を奮い起こすタイミングをたくさん作れそうです(/・ω・)/

 

平成最後の一か月を精いっぱい過ごし、「令和」のスタートには気持ちを新たにがんばりたいと思います☆

大隅の自然

2019年03月29日

教育振興会の押越です。

先日大隅に出かけました。

 

今さらながら,雄川の滝まで出かけ,

 

その雄大な滝の流れと澄んだ水面を

 

しばらくじっと見ていました。

写真はちなみに滝の上のほうから滝つぼ

 

を撮ったものです。

 

帰りに錦江町の海岸に寄ってみました。影絵アートと呼ばれるもので,海岸にこれらのア

 

ートがあるのがとても素敵で,別世界にいるような気分にもさせてくれました。

 

大隅にあまり出かけていなかったのですが,いろいろなスポットも増え,心も癒してもら

 

ったように思います。

 

 

4月から新年度が始まりますね。心機一転,がんばっていきましょう。

結果と過程

2019年03月19日

こんにちは,教育振興会の山之内です。

 

今年の1月に入社したT君によって,会社の玄関前はたくさんの花で彩られています。

最近まで寒かった気がしますが,もう春なんですね!

さて,本日は宮崎県立高校一般入試の合格発表日でした。

また,先週14日は鹿児島の公立高校一般入試の合格発表日。

 

弊社にも多くの喜びの声と少しの悲しみの声が届いています。

 

以前読んだ,受験に関するある方(いつやるの?の人です)の著書の中では,受験生の受験に対する取り組み方とその結果を次のように分類しています。

 

A ベストをつくして合格を勝ち取った人

B ベストをつくさなかったが合格できた人

C ベストをつくしたが不合格に終わった人

D ベストをつくさず不合格に終わった人

 

Aが最良,Dが最低であることは何となく理解できますが,BとCについては人によって判断が分かれそうです。

 

個人的には,結果がどうであれ,若いうちに1つの目標に向かって全力をつくす経験をすることは,その後の人生に大きな財産になり,またそれが受験の持つ大きな意義だと思っています。

 

だから,今回合格を勝ち取ることが出来なかった人も,ベストをつくしたなら前を向いて次の目標に向かって進んでほしい。(今はきついかもしれませんが)

今回は不合格でも,これからの長い人生,君の努力は必ずどこかで花開きます。

 

また,受験倍率が年々下がる中,Bにあたる人が増えてきているような気がします。

すでに自分がベストをつくせる何かを見つけているのならいいのですが。。。

 

いずれにしても,まずは卒業おめでとう!そして次のステージが待っています。

 

Show must go on!(このフレーズ,大好きで今までも何度か使ってきましたが,映画の影響で今年はより多くの人に気づいていただけそうです)

 

次のステージで君たちが大きく羽ばたいてくれることを心よりお祈り申し上げます!!

宮崎県統一模試説明会

2019年03月15日

こんにちは、ババです。

昨日は宮崎県内の塾の先生にお集りいただき、ホテルマリックスさんで宮崎県統一模試説明会を開催いたしました。

宮崎での開催は初めてでしたが、100名近くの先生方にお集まりいただきました。

お忙しい中、お越しいただきありがとうございました。

 

まず、弊社の持つデータをもとに、統一模試の推移や来年度の変更点などをご説明させていただきました。

メモを取りながら真剣に聞いてくださりありがとうございました。

また、【マネジメント・ブレイン・アソシエイツ】の浅井正美氏に

「小学校英語強化への対応~学習塾での指導方法と授業運営方法」という演題で講演いただきました。

指導方法を具体的な例をあげてご説明いただき、私も生徒になって授業を受けている気分で拝聴いたしました。

とても有意義な時間だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご記入いただいたアンケートは、今後の参考にさせていただきます。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

 

鹿児島でも5月に開催予定ですので、皆様に喜んでいただけるよう、準備をしていきたいと思います。

サクラ咲け!!

2019年03月08日

こんにちは。教育振興会の中尾です。

中学3年の受験生の皆さん,そしてその保護者の皆様おつかれさまでした。

公立高校入試も終わり,あとは結果を待つばかりですね。

統一模試を受けられた皆さんに朗報が届くことを願っています。

しかし,定員がある以上,全員が合格するわけではありません。

合格発表は,不合格者にとって非情な宣告をつきつけられる場ではありますが,

それまでどの高校に進むかはっきりしていなかった自分の進路が確定する場でもあります。

これからはそれぞれ決まった進路に期待をふくらませ,次のステップに希望をもって進んで

いただけたらと思います。

「住めば都」という言葉がありますが,どの高校に行ったとしても前向きな気持ちで取り組めば,

きっとこの高校でよかったと思え,そこで出会った人々があなたにとってかけがえのない親友や恩師に

なってくれるはずです。

 

今年の桜の開花は平年並みの3月下旬だそうです。

皆さんの未来にきれいな桜が咲きますように!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲突川の桜はまだつぼみが固そうです。

中学生活最後の・・・

2019年03月01日

こんにちは。1月4日より,入社しました桑原と申します。

まだまだ不慣れなことが多く,日々是鍛錬の如く,自分自身の学習と職務に邁進しております。

さて,中学生の皆様にとっては来たる3月6日,7日に公立高校入試が始まりますね。

今まで努力してきた自分の最善を発揮するために体調管理には充分に気を付けて残り僅かな時間ですが,油断せずに,自分が今何をすべきなのか,何ができるのかを考えながら入試までの準備に挑んで欲しいと思います。

中学生の皆様の大半(中学入試を受験経験有の方は除く)は,初めて自分で選んだ人生の進路選択になるかと思います。私も公立高校入試前は,学習に励んでおりましたが,正直,すごく大変な日々だったことを覚えています。そんな時は,1人で考え込まないで,お家の方や周りの友達と話をすると良いかと思います。しかし,この入試に向けた日々は決して無駄にならないです。社会人の「今」でも活きる場面が数多くあります。

ですから,結果はどうあれ,自分なりの「有終の美」を飾るために…将来の自分への自信に繋げるために…

中学生活最後の…平成最後の…「大勝負」に挑んで欲しいと思います。

 

”He can who thinks he can, and he can’t who thinks he can’t. This is an inexorable, indisputable law.”
(できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。/パブロ・ピカソ)

それでは,皆さま,悔いの無いように頑張って下さい。

 

あと2週間!

2019年02月20日

いよいよ

公立高校入試まで

あと2週間を切りました。

先週、

公立高校の

出願者数と倍率が発表されました。

鶴丸、甲南など

鹿児島市内の高校が

倍率1倍を超えている中

地方の高校は

定員割れがほとんどで

地方出身の私としては

少し寂しい思いをしました。(毎年ですが…)

受験生の皆さんは、

自分の志望する高校の倍率

自分の私立高校の結果などから

いろいろ考えていることでしょう。

ただあまり考えすぎると

勉強に集中できなくなります。

これまでの自分の努力に自信を持つことが大事です。

体調にだけは本当に気をつけて、

残り2週間悔いのないように過ごしてください。

 

 

 

霧島神宮

2019年02月15日

先月下旬に霧島神宮に行って来ました。

 

こんにちは! 教育振興会の黒木です。

 

皆さんも霧島神宮に一度は行ったことがあるという方が多いのではないでしょうか。

 

私は、今年の正月三が日に比較的近くの神社を三か所参拝していたのですが、今年は何年かぶりに霧島神宮にも行っておきたいと思いました。

 

当日は伊集院を出発して蒲生を通り、嘉例川駅の近くを抜けて霧島神宮へ向かいました。

 

駐車場から参道へ向かい、少し歩くと右手に「さざれ石」がありました。

この「さざれ石」はもとは岐阜県の山中で発見され、この地に運ばれてきたそうです。

国歌「君が代」に詠まれている「さざれ石」です。

 

参道をさらに進んで行くと境内の右手に大きな木が見えてきました。

樹齢800年程の御神木と言われている杉の木です。全国有数のパワ-スポット:霧島神宮でも象徴的な大木です。南九州の杉の木の祖だとの説もあります。

 

本殿に参拝して御守り等を購入し、おみくじを引きました。

結果は今年3回目の「吉」でした。

 

家族の健康や安寧を願い、周囲の方々に感謝し、今年一年を過ごそうと心に刻みました。

荘厳な空気に触れ、身も心も癒されたひと時でした。

 

 

 

 

 

 

FIGHT!!

2019年02月08日

どうも、教育振興会の倉野です。

今週、指宿方面を回っていた時にプロサッカーチームののぼり旗をちらほらと見かけました。鹿児島の地でキャンプを行っているみたいです。

少し気になったので、鹿児島で行われているプロスポーツキャンプ調べてみたところ、

Jリーグ(国内サッカー J1~J3):12チーム

Kリーグ(韓国サッカー):2チーム

韓国プロ野球:1チーム

男子セブンズ日本代表候補(7人制ラグビー)2月11日からの予定

 

思っていたよりもプロスポーツチームがたくさん来ていて驚きました。

(野球をしていた者にとっては国内プロ野球チームも来てほしい~)

練習試合等も行われているみたいなので、憧れの選手を間近で見ることができたり、プロの動きや技術を目の前で見ることができるいい機会かもしれません。

 

 

さて、鹿児島ではプロスポーツキャンプで盛り上がっている中ではありますが、弊社では本日「入試プレテスト」の結果の発送を行いました。

結果を受けて色々な思いを感じると思いますが、弊社は最後まで受験生を応援し続けます!!

体調管理には気を付けて頑張って下さい!!

本日は…

2019年02月02日

こんにちは,教育振興会の渕上です。

 

先週から私立高校の入試が続き、

受験生のみなさんにとっては緊張感のある週だったと思われます。

そして本日は今年度最後の統一模試、「入試プレテスト」が行われました。

「入試プレテスト」と名のつく通り、出題範囲が全範囲となり、実際に出願した高校を志望校として判定を出す模試となっています。

 

弊社の特設会場でも、寒い中たくさんの生徒が集まってくださいました。

しかし、やはりこの季節、体調を崩された方も多くいるようで、

体調不良で特設会場で受験できないとのお電話も多くいただきました。

 

そんなお電話の中、ある保護者の方に

「今回は受けられなかったですが、毎回特設会場で受験していて、助かっておりました。今までありがとうございました。」とのお言葉をいただきました。

少しは弊社の統一模試がお力になれているのかな、と嬉しくなった次第でした。

 

 

さて、私たちは来週から、本日みなさんが解いた答案の採点業務に入ります。

みなさんが一生懸命、精いっぱい解いた答案を、弊社スタッフも心をこめて採点します。

 

より正確なデータを、早くお届けできるように頑張りますので、

受験生のみなさんも、最後まで志望校合格に向かって頑張ってください!

入試問題の過去問

2019年01月21日

先週は、大学入試センター試験、中学入試

そして今週は私立高校の入試と入学試験が続き

受験シーズンも盛り上がりを見せていますね。

 

改めまして、教育振興会の戸破です(^○^)

 

さて、この時期になると、受験生の皆さんが

取り組むのが「入試問題の過去問」ですよね。

 

私たちも当然のことながら色々な入試問題を

目にします。

 

中には、鹿児島県高校入試問題集のように

解説を作成しているものもあります。

 

入試を受ける前に入試問題の過去問を解かない人は

いませんよね?(^_^;)

 

出題の傾向はどうなのか?

問題数は?

時間配分は?

 

入試問題の過去問を解くことによって

事前に対策を練ることができるわけです。

 

 

しかも、入試問題には良問が多く、受検生の力量を

判断するための工夫がされています。

 

ぜひ、多くの入試問題を解いてほしいと思います。

 

ですが、「5年分解いたから大丈夫!」と

安易に沢山解いたからと言って自信を持ってはいけません。

 

今回解けなかった問題の訂正をして、

ちゃんと次に同じような問題が出てきたら解けるのか?

 

これがとても重要です。

 

そして、受検生のみなさんが自分で考えることが

何よりも大切なことだと思います。

 

入試を乗り越えて立派に成長して卒業を迎えられる

ことを祈っています。

 

あと、支えてくれる周りの方々のサポートへの

感謝の気持ちも忘れずに!!

 

ではまた!

ここからが勝負!!

2019年01月18日

こんにちは。教育振興会の亀田です。

 

2019年になりました。平成最後の受験生のみなさんは、お正月はどのように過ごしましたか?

 

私は、年末年始はいろいろ外出することが多く、なかなかゆっくりできずに、お餅も美味しいおせちもあまり食べられませんでした(おかげさまで、通常体重の増えるお正月なのにまさかの2㎏減…笑)。

 

受験生のみなさんは年明けの統一模試に向けて、年末年始もフル回転で頑張ったことでしょう!!

 

その統一模試ですが、先日、3年生の成績を発送いたしました。

 

判定が良かった人、点数、偏差値が上がった人、なかなか思うような成績を残せなかった人、それぞれ感じたことはあるでしょう。

 

しかし、ここで一喜一憂してはいけません!!統一模試は通過点に過ぎないのです!!

 

良い成績が残せた人は、ここで浮かれずに地に足付けて、入試までの残りの期間、気を引き締めてがんばりましょう。

 

思うような成績を残せなかった人も、入試までの残りの期間の過ごし方で結果は変わってきます。

残りの期間があとわずかと考えるか、まだ時間があると考えるか。考え方一つで心の持ちようが変わります。

 

いよいよこれから入試本番です。来週からは私立高校入試が始まります。

 

ここからが勝負!!まずは体調管理を一番に、最後の最後まで駆け抜けよう!!

年が明けまして

2019年01月12日

教育振興会の河野です

早いもので、新年を迎えてから間もなく2週間が過ぎようとしています。

お正月に関係する理科のお話ということで、お餅の話を少々。
お餅もご飯も、同じように田んぼでイネを育てて収穫するのに、全く別物になってしまうのはなぜでしょうか。
実家が農家で、どちらも作っているのに知らなかったので調べてみました。

私たちが普段食べている「お米(うるち米)」と
餅をつくるのに使われる「もち米」は
元々同じ植物の仲間で、つくられるデンプンの成分の割合によって分けられています。

お米にふくまれるデンプンには、
炊いたときにねばりけの少ない「アミロース」と
ねばりけの多い「アミロペクチン」があります。
※この2つのデンプンは、「ブドウ糖」がいくつも結びついてできているので、消化されればどちらも「ブドウ糖」になります。

うるち米にふくまれるデンプンは、ねばりけの少ない「アミロース」の割合が多く

もち米にふくまれるデンプンは、ねばりけの多い「アミロペクチン」のみでできています。

同じ植物で、つくられるデンプンが違う理由は、遺伝子の突然変異なんだそうです。
この2つの特徴は「対立形質」の関係にあるので、2つの花粉をお互いに受粉すると、
すべて「うるち米」になってしまいます。

つまり、うるち米が「優性形質」、もち米が「劣性形質」ということになりますね。

遺伝子と聞くと、どうしても難しく考えてしまいますけど、身近な食べ物を例にすれば理解が深まるような気がします。(ちなみに、この話題は私立高校の問題の題材として取り上げられたこともあるようです)

受験生は私立入試まであとわずか!! 最後まで気を抜かずに粘り強くがんばってください。

 

平成最後の…

2018年12月28日

教育振興会の國澤です

あわただしい年の瀬,皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

弊社は本日大掃除をして,新年を迎える準備をしました。

もっとも,受験生の皆さんは正直クリスマスやお正月を楽しむ余裕も無いかもしれません。

 

さて,2018年を振り返るとやたらと「平成最後の○○」という言葉を

見聞きしたのではないでしょうか?

「平成最後の夏」「平成最後の甲子園」「平成最後の○○セール」

「平成最後のクリスマス」「平成最後のお正月」等々…

 

同じように言うならば今年高校受験をする皆さんは「平成最後の高校受験生」,そして

中学校の卒業の際には「平成最後の卒業生」と呼ばれるのでしょう。

私自身は,自分が生まれたときから平成だったのが,来年には

変わってしまうということで,「ああ、『平成』が終わってしまうのか…」と

不思議な感慨を覚えているところです。

 

 

いつか「まさか○○(新元号)生まれと一緒にお酒を飲む日が来るとはなあ…」なんて

しみじみと思う日が来るのだろうか,と思いながら過ごす年末でした。

 

PAGE TOP