鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

0年0月

芝桜

2017年04月28日

先日、かわいいお花をいただきました! 芝桜です。

弊社の殺風景な玄関に色がつき、とても明るくなりました。

芝桜というと、各地観光名所になっているような、ピンク一面の景色を思い浮かべると思います。

小さな花がたくさん集まり、一斉に花を咲かせてあの景色を作ることから、

「一致」や「協調」という花言葉があるそうです。

弊社の芝桜は、プランターにちょこっとだけですが、小さいながらも力を合わせて、

大きな花を咲かせていきたいと思います。

 

以上、効率的な仕事ぶり 充実した私生活。。。を目指すキャリア馬場ウーマンでした。

東京オリンピックが楽しみです

2017年04月19日

こんにちは。教育振興会の中尾です。

みなさんもご存じだと思いますが、卓球のアジア大会で17歳になったばかりの

平野美宇選手が優勝しました。何だアジア大会かと思わないでください。

現在、女子の世界ランキングベスト10のうちアジアの選手が9人しめており

(ドイツの選手が7位ですが、その選手は中国の帰化選手です),アジア大会で

優勝することはほとんど世界大会で優勝するのと変わらないからです。

これまで、中国選手の壁は高くて、この牙城はなかなかくずせないだろうと思って

いましたが、平野選手はなんと準々決勝で世界ランク1位の丁寧選手を破り、

その勢いで、準決勝は2位の朱雨玲選手、決勝は5位の陳夢選手にストレート勝ちし

アジアチャンピオンとなりました。

私も中学時代から卓球をやってきたものですから、最近の日本選手の活躍はうれしい

かぎりです。これまで卓球は根暗のスポーツとか言われて悔しい思いをしてきましたが、

リオオリンピックでのメダルの獲得などで注目されて、福原愛選手以外の選手もやっと

一般の人たちに認知されるようになってきました。

そして今回の優勝です。打倒中国が見えてきました。東京オリンピックでは個人だけでなく

団体も金メダルを取るのが現実のものとなってきています。ちなみに以下が上位の日本選手の

世界ランクです。

4位 石川佳純(24歳)

8位 伊藤美誠(16歳)

9位 佐藤瞳(19歳)

11位 平野美宇(17歳)

21位 早田ひな(16歳)

22位 橋本帆乃香(18歳)

24位 浜本由維(18歳)

若い世代が次々と育っています。男子でも13歳の張本選手(世界ランク61位)が楽しみな存在です。

若い力は、怖いもの知らずの強さもあると思いますが、日ごろの練習の積み重ねなくしてこのような

ことはできません。リオオリンピックに選手として出場できなかった悔しさをバネに、

このままではいけないと、自分の卓球を変えることに挑戦してそれができた平野選手は本当にすごい

と思います。

落ち込むようなことがあっても、それをプラスに変えようという前向きな姿勢を持ちたいですね。

 

 

 

 

 

 

お花見

2017年04月14日

新学期が始まり、忙しい日々を過ごされている方も多いのではないでしょうか?

 

こんにちは! 教育振興会の黒木です。

 

今年も花見の時期が過ぎようとしています。

 

私は、先週の日曜日に日置市伊集院町の城山(じょうやま)公園に花見に行ってきました。

 

前日が雨天で最後のチャンスと思い、重い腰をなんとか持ち上げて出かけたのでした。

 

午後2時過ぎに自宅を出て目的地に近づくにつれ、対向車が多くなってきました。

駐車場に着くと車がいっぱいで、やっと駐車できました。

 

桜の花は、ほぼ満開で晴天ならもっと綺麗だろうなと思われました。

 

階段が多くて一番上まで登るのに少し時間がかかりましたが、久しぶりに来たら展望台や

遊具が新しくなっていて、来場者が多いのもうなずけました。

 

城山公園は戦国時代に島津氏が居城としていた場所です。フランシスコ・ザビエルと謁見した記念碑も建てられています。

 

島津義弘公もこの地で成長したとの案内板がありました。伊集院駅前の馬に乗っている銅像の人物です。

 

歴史ロマンいっぱいの城山(じょうやま)公園でお花見はいかがでしょうか。

今度の土日までなんとか見頃だと思います。

新年度

2017年04月07日

始まりのスタートであります。(国民栄誉賞を受賞された方のお言葉を拝借)

どうも、教育振興会の倉野です。

 

さて4月を迎え、私も2年目に突入いたしました。

昨年度に毎日取り組んだこととして、手帳に毎日の業務スケジュールと反省を記入し、先輩社員に提出をしておりました。

1年間続けてきた手帳に記されている自分の反省や、先輩からの金言を見返すと

「今年度はさらにこうしよう、ああしようなどと」身も心も引き締まります。

1年間、私のために手帳のやりとりに付き合ってくださり、毎日コメントにて叱咤激励を下さったKさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

「初心忘るべからず」なんて言葉がありますが、まさにこの時期にはぴったり。

しっかりと心に刻んで29年度も精進したいと思います。

今年度もどうぞよろしくお願いします。

PAGE TOP