鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

0年0月

世界遺産

2018年08月31日

先日、実家近くにあるココへ行ってきました。

 

 

 

 

関吉の疎水溝です。

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の1つとして

世界文化遺産に登録された場所です。

島津斉彬は、ここ(鹿児島市下田町)の水を集成館まで引くことによって水車を回し、

集成館(工場)の動力としました。

水量が多いこと、川幅がこの部分で狭くなること、加工しやすい溶結凝灰岩でできていたこと、

などの理由からここ関吉は適していたようです。(以前、ブラタモリでも紹介されていました)

 

川上から撮った写真ですが、中央にあるくぼみに大きな板で水をせき止め、

そこから疎水溝の方まで水を引き入れていたそうです。

 

鹿児島の、日本の、産業の源がここなのか、と思うと非常に感慨深いものでした。

今回は取水口を見ることができましたが、次はこの疎水の出口、集成館の方も

見てきたいと思います。

 

今週で夏休みも終わり、来週から新たなスタートです。

規則正しい生活に戻し、いいスタートを切れるようにしていきましょう!

以上、教育振興会ババでした。

いよいよ薩長同盟

2018年08月24日

こんにちは。

教育振興会の中尾です。

今度の日曜日放送される「西郷どん」でいよいよ薩長同盟が結ばれる場面がありそうですね。

これまでの大河ドラマは,見ないことが多かったですが(裏番組のQがつく番組を見てました),

鹿児島ゆかりの大河ということでさすがに今年は毎回見ています。ちなみに「篤姫」も見てましたが

今回の方が格段におもしろいように感じます。感動するシーンが多く,つい感極まってしまうことも

何度かありました。

薩長同盟は教科書に出てきますが,坂本龍馬の仲立ちで薩摩と長州が同盟を結んだ程度の知識しかあり

ませんでした。しかし「西郷どん」を見て,禁門の変で戦うなど犬猿の仲だった薩摩と長州がどうして

同盟を結ぼうとしたのか,その事情(事実と少し違うのかもしれませんが)がわかって納得できました。

でも前回,吉之助は桂との会談をドタキャンしてますよね。激怒している桂とどのようにしてまた話を

進めることになるのか,今回の放送が楽しみです。

自分は中学生のとき,地理は好きでしたが,歴史は得意ではありませんでした。そのころ「西郷どん」を

見ていたら,歴史も好きになったかもしれませんね。

好きになること,興味を持つことが,勉強の近道だと思います。そのきっかけはこのようなドラマであっ

たり,漫画であったり,身近なところに転がっているものではないでしょうか。

中学生の皆さんもそういう出会いがあって,苦手教科を克服できるとよいですね。

 

盆休みの間に,「西郷どん」のロケ地になった入来にある「長野滝」に行って来ました。

島津斉彬の病気の快復を願って吉之助が滝に打たれたところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この滝の周辺は気温が5度位低い感じでとても涼しかったです。

でも撮影の時は11月だったらしく寒くて大変だったでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滝側から見た川下の写真です。

 

全力プレー

2018年08月09日

甲子園が始まりましたね。

私は先日、県大会予選ですが、

親戚が監督として出場していたので、試合を見に行きました。

選手の全力プレーだけでなく、

応援席のみなさんの全力で応援している姿を見て少し感動しました。

この全力のプレーや全力の応援が、

甲子園で逆転に逆転を生んでいる要因の1つだと思います。

受験生の皆さんも、この夏休み全力でプレーしていますか?

保護者や周囲の人達が全力で応援してくれているのを知っていますか?

この夏、全力でプレーすることが合格を勝ち取る要因の1つになるかもしれませんよ!

西郷どん4

2018年08月03日

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」を視ていらっしゃいますか?

 

こんにちは! 教育振興会の黒木です。

 

ドラマの方は勝海舟と西郷隆盛が初めて会う場面が最近ありました。

 

実際のところも「ほぼ」こんな感じだったのかなあと思いつつドラマに見入っていました。

 

下の写真は東京の田町にある江戸開城-勝海舟・西郷南洲会見の地の碑です。

現地に行ってみると少し感動しました。

 

碑銘を書いたのは「西郷吉之助」なのですが、「西郷隆盛」ではなく、孫にあたる方だそうです。

 

この会見の時、勝海舟は西郷隆盛の胆力に感嘆したみたいですが、ドラマでどのように描かれるか楽しみです。

 

皆さんも「西郷どん(せごどん)」で鹿児島をもっと盛り上げましょう!!

PAGE TOP