鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

0年0月

入試問題の過去問

2019年01月21日

先週は、大学入試センター試験、中学入試

そして今週は私立高校の入試と入学試験が続き

受験シーズンも盛り上がりを見せていますね。

 

改めまして、教育振興会の戸破です(^○^)

 

さて、この時期になると、受験生の皆さんが

取り組むのが「入試問題の過去問」ですよね。

 

私たちも当然のことながら色々な入試問題を

目にします。

 

中には、鹿児島県高校入試問題集のように

解説を作成しているものもあります。

 

入試を受ける前に入試問題の過去問を解かない人は

いませんよね?(^_^;)

 

出題の傾向はどうなのか?

問題数は?

時間配分は?

 

入試問題の過去問を解くことによって

事前に対策を練ることができるわけです。

 

 

しかも、入試問題には良問が多く、受検生の力量を

判断するための工夫がされています。

 

ぜひ、多くの入試問題を解いてほしいと思います。

 

ですが、「5年分解いたから大丈夫!」と

安易に沢山解いたからと言って自信を持ってはいけません。

 

今回解けなかった問題の訂正をして、

ちゃんと次に同じような問題が出てきたら解けるのか?

 

これがとても重要です。

 

そして、受検生のみなさんが自分で考えることが

何よりも大切なことだと思います。

 

入試を乗り越えて立派に成長して卒業を迎えられる

ことを祈っています。

 

あと、支えてくれる周りの方々のサポートへの

感謝の気持ちも忘れずに!!

 

ではまた!

ここからが勝負!!

2019年01月18日

こんにちは。教育振興会の亀田です。

 

2019年になりました。平成最後の受験生のみなさんは、お正月はどのように過ごしましたか?

 

私は、年末年始はいろいろ外出することが多く、なかなかゆっくりできずに、お餅も美味しいおせちもあまり食べられませんでした(おかげさまで、通常体重の増えるお正月なのにまさかの2㎏減…笑)。

 

受験生のみなさんは年明けの統一模試に向けて、年末年始もフル回転で頑張ったことでしょう!!

 

その統一模試ですが、先日、3年生の成績を発送いたしました。

 

判定が良かった人、点数、偏差値が上がった人、なかなか思うような成績を残せなかった人、それぞれ感じたことはあるでしょう。

 

しかし、ここで一喜一憂してはいけません!!統一模試は通過点に過ぎないのです!!

 

良い成績が残せた人は、ここで浮かれずに地に足付けて、入試までの残りの期間、気を引き締めてがんばりましょう。

 

思うような成績を残せなかった人も、入試までの残りの期間の過ごし方で結果は変わってきます。

残りの期間があとわずかと考えるか、まだ時間があると考えるか。考え方一つで心の持ちようが変わります。

 

いよいよこれから入試本番です。来週からは私立高校入試が始まります。

 

ここからが勝負!!まずは体調管理を一番に、最後の最後まで駆け抜けよう!!

年が明けまして

2019年01月12日

教育振興会の河野です

早いもので、新年を迎えてから間もなく2週間が過ぎようとしています。

お正月に関係する理科のお話ということで、お餅の話を少々。
お餅もご飯も、同じように田んぼでイネを育てて収穫するのに、全く別物になってしまうのはなぜでしょうか。
実家が農家で、どちらも作っているのに知らなかったので調べてみました。

私たちが普段食べている「お米(うるち米)」と
餅をつくるのに使われる「もち米」は
元々同じ植物の仲間で、つくられるデンプンの成分の割合によって分けられています。

お米にふくまれるデンプンには、
炊いたときにねばりけの少ない「アミロース」と
ねばりけの多い「アミロペクチン」があります。
※この2つのデンプンは、「ブドウ糖」がいくつも結びついてできているので、消化されればどちらも「ブドウ糖」になります。

うるち米にふくまれるデンプンは、ねばりけの少ない「アミロース」の割合が多く

もち米にふくまれるデンプンは、ねばりけの多い「アミロペクチン」のみでできています。

同じ植物で、つくられるデンプンが違う理由は、遺伝子の突然変異なんだそうです。
この2つの特徴は「対立形質」の関係にあるので、2つの花粉をお互いに受粉すると、
すべて「うるち米」になってしまいます。

つまり、うるち米が「優性形質」、もち米が「劣性形質」ということになりますね。

遺伝子と聞くと、どうしても難しく考えてしまいますけど、身近な食べ物を例にすれば理解が深まるような気がします。(ちなみに、この話題は私立高校の問題の題材として取り上げられたこともあるようです)

受験生は私立入試まであとわずか!! 最後まで気を抜かずに粘り強くがんばってください。

 

PAGE TOP