鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

0年0月

松方正義公

2019年09月27日

朝晩はだいぶ涼しくなってきました。

 

こんにちは! 教育振興会の黒木です。

 

皆さま!松方正義という人物をご存知でしょうか?

 

鹿児島出身の政治家で日本初の中央銀行になる日本銀行を紙幣発行銀行として設立した人物です。

 

また、明治中期に二度も首相となり、蔵相を兼務して財政改革に尽力し、日本財政のパイオニアとも呼ばれています。

 

1835年に薩摩藩士の四男として生まれ、少年期には貧乏な暮らしの中、武術や学問に励み、16歳の時に薩摩藩に仕えることとなり、28歳の時には、久光の初上京に随行し、寺田屋事件・生麦事件に遭遇しています。その後も幕末の薩摩藩の要職を歴任しながら、藩主島津忠義と国父久光を支えました。

 

明治になると中央政府の役人としての人生をスタ-トさせ、大久保政権のもと地租改正で手腕を発揮しました。その後も財政面で尽力し、一連の政策は松方財政と呼ばれ、日本資本主義の基礎を築いたと評価されています。

 

誕生地は弊社から歩いて1分ほどの(松方公園)、銅像は弊社から歩いて3分ほどの(甲突川河畔)場所にあります。皆さま、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか!!

 

 

カントリー・ロード

2019年09月20日

こんにちは、教育振興会の倉野です!
皆さんは、スタジオジブリ制作『耳をすませば』の挿入歌、エンディング主題歌となっている

『カントリー・ロード』をご存知ですか?

テレビ放送されていることもあるので、ご存知の方も多いと思います。

 

それでは、『カントリー・ロード』の原曲、作曲者はご存知でしょうか?

1971年にアメリカの歌手「John Denver(ジョン・デンバー)」が発表した

『Take Me Home, Country Roads』が原曲となります。

 

 

なぜ、このような問いかけをしたかといいますと

実は私の出身の屋久島とJohn Denver(ジョン・デンバー)に深い関係があることを最近知ったのです。

 

それを知る経緯とは、先日の全国高校演劇大会が佐賀で行われまして、私の母校が優秀賞(2位)を受賞したとのことでした。(佐賀県まで観劇に行く予定でしたが、前日になって諸事情により行くことが叶わず、受賞結果を知ってより観劇したかったな・・・と思いました。)

その演劇タイトルが『ジョン・デンバーへの手紙』

内容等については割愛しますが、自分が住んでいた場所の歴史や変遷・人の想いについて知らないことがたくさんあるなと感じ、また高校生の演劇について非常に感動しました。(youtubeで見れます)

(あらすじや、背景、劇の内容について詳しく知りたい方は、「屋久島高校 演劇部」や

「ジョン・デンバーへの手紙」で検索してみて下さい)

 

島唯一の高校からこうして全国大会に出場して、さらには国立劇場でも演劇している後輩の姿や記事に感動やら応援、嬉しい感情が沸き上がると同時に自分も卒業生として頑張ろうと刺激を受けました!!

 

皆さんの住んでいる場所にも、実は意外と関係している人物や歴史があるかもしれませんね。

それでは、また次回お会いしましょう!

今日は何の日?

2019年09月13日

みなさんこんにちは。

日中はまだまだ暑いですが、夜になると風が少し涼しくなって、ようやく秋の訪れを感じられるようになってきました。

 

さて、タイトルの答えですが、

本日9月13日は旧暦の8月15日、中秋の名月にあたります。一年で一番美しい月を眺めることができる夜ですね。(実際の満月は明日14日みたいですが)

 

 

月といえば、仕事帰りになんとなく月を眺めて満足することがよくあります。そしてふと、これは何の感情なんだろう、と思うのです。

 

夜空を眺めて月が綺麗だとちょっと贅沢な気持ちになりますよね。某文豪がアイ・ラブ・ユーを「月が綺麗ですね」と訳したというのも頷いてしまいます。

日本人には月を愛でるDNAが脈々と受け継がれているのではないでしょうか。

 

月を愛でる習慣は日本においては縄文時代からあったと言われています。

名月を鑑賞するのは唐の時代から。

宋の時代には夜通し騒ぐ宴だったそうです。

 

平安時代にお月見は貴族社会にも浸透していきました。

和歌や漢詩、管絃とともにお酒をたしなむ。

なんか現代っぽいたのしみ方ですね。

でももう少し掘り下げてみると、そのたのしみ方がとても雅やかです。

 

それは、舟に乗り水面に写った揺れる月を和歌に詠むというもの。

平安貴族は直接月を見るより、杯や池にそれを写し、眺めてたのしんでいたらしいのです。

 

さて、ではそんな平安貴族が詠んだ和歌を一首。

 

 

「秋風にたなびく雲の絶えまより もれ出づる月の影のさやけさ」

 

 

平安時代の夜は、今よりずっとずっと闇に包まれた世界でした。そんな夜空に輝く月の光は、人々のいろいろな想いをかきたてたのだろうと思います。

 

みなさんも、今夜はゆっくりと月を眺めてみてはいかがでしょうか?

 

2学期スタート!!

2019年09月02日

こんにちは、戸破(トハ)です。

 

とりあえず聞いておきましょうか( ^^)

みなさん「夏休みの宿題は終わりましたか?」

 

まだ終わっていない人はやり遂げることが大切です。

先生に叱られるかもしれませんが、

正直に話をして提出期限内に出せるようにしましょう!

 

さて話は変わりますが、先日ニュースや新聞で

「高校生の学習時間」について報道されていました。

 

これは文部科学省の調査で

「高校2年生の3割が宿題を除く1日の勉強時間が0」

と答えたそうです。

 

これを聞いた、幼児、小学生、中学生はどう思うのでしょうか?

 

「お兄ちゃんやお姉ちゃんになると勉強しなくていいんだ。」

とか

「勉強って大切じゃないのか?」

なんて考えたりする人も出てきやしないか心配です( 一一)

 

我が家のもうすぐ4歳になる娘はこの記事を知る由もないわけですが

少なくとも家で一緒に生活する私は

「ベッドやじゅうたん、ソファでごろごろしながらyoutube」

なんてことは決してしないようにしたいと思います、たぶん(笑)

 

個人的には、勉強したり、何かを学んだりするのも

すべては「よりよい人生を生きるため」だと考えています。

 

2学期はイベントが盛りだくさん。

弊社の統一模試も県内各地で会場テストを行います。

 

「よりよい受験生活」のためにお役に立てるように本気で準備します。

ではまた!!(^^)!

PAGE TOP