鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

0年0月

想いを込めて

2019年12月25日

こんにちは、戸破(トハ)です。

もう年の瀬ですね。

 

私は少し変わっているのかもしれませんが、

「1年の振り返りを1か月かけて行う」

ということを毎年行っています。

 

ある年のタイトルは「大恐慌(笑)」

 

過ぎてしまうとその時感じていた想いも忘れてしまいがちですが、

時々手帳をあけて振り返るのもいいものです。

 

話は変わりますが、今年で一番印象に残っている仕事があります。

それは「チラシ作り」です。

入試問題集のチラシ、会場テストのチラシなどを主に担当しました。

 

「受験生としてのスタート」

「模試で学力を上げよう」

「自分の実力と志望校との距離はどれくらい?」

「模試は受験勉強のペースメーカー」

「これで決める 統一模試」

「私立入試直前 本番さながらの緊張感」

 

上記のような見出しに、毎回メッセージを添えて

少しでも受験生の意識が高まればと思い作成しました。

 

毎年、受験生の中には冬休みの間に

「質」「量」ともに驚くほどの勉強を

する人が出てきます。

 

会場テストでは、そんな成長してたくましい顔つきになった

受験生の姿が見られることを楽しみにしています。

 

ではまた!

 

PS 毎年家族で訪れる場所

大学入試共通テスト

2019年12月19日

こんにちは。教育振興会の亀田です。

 

先日,英語民間試験に続き,国語・数学の記述式についても延期することを萩生田光一文科相は記者会見で発表しました。

 

大学入試共通テストの大きな目玉であった,英語民間試験,国語・数学の記述式のどちらも導入が見送られることになり,政府は批判にさらされています。

 

この「大学入試共通テスト」について,中学生の受験生の皆さんはどう考えていますか?

 

「どうせまだまだ先のこと・・・」「直接関係しないから大丈夫・・・」

 

そう思っている生徒の皆さんも多いかもしれません。

 

しかし,英語民間試験,国語・数学の記述式の導入は延期になっただけであって,今後再び導入される可能性があります。また,大学入試共通テスト自体はそのまま導入され,マークシート式の出題ではありますが,センター試験よりも読解力を必要とする出題がされます。

 

だからこそ,中学生の皆さんも,「まだ関係ない」,「高校に入ってからそういうことを考えればいいや~」なんて思わずに,中学生の今から先を見据えて学習に取り組んでほしいと思います。

 

実際,近年の高校入試も,大学入試共通テストを見据えて,記述式を多く出題され,読解力を必要とした問題も多数出題されています。現時点でも,大学入試共通テストで求められる力が問われています。

 

中学生の皆さんも,これからの生活の中で,新聞やニュースなどを見るなど,いろいろなところにアンテナをたてて,今だけでなく先を見据えていってほしいと思います(^^)

師走も1/3が過ぎました

2019年12月13日

教育振興会の河野です

早いもので、12月も1/3が過ぎ

世の中は間近に迫ったクリスマスと

その後に控える年越しに向けてあわただしくなっているようです。

 

しかし、

我々や、受験生が照準を合わせなければならないのはその少し先

そう「私立高校入試」ですね

最も早い学校だと1月24日から入試がスタートします。

 

入試に出題される範囲の履修もそろそろ終わり、

過去問を全て解けるようになる生徒さんも多いのではないでしょうか?

 

私立高校の受験勉強において、「過去問を解くこと」は非常に重要です。

なぜなら、学校によって問題形式や出題の傾向が大きく異なるからです。

「彼を知り、己を知れば、百戦危うからず」(孫子)

出題の傾向が違えば、対策の仕方も大きく変わってきます。

受験対策を始める前に、自分の志望校の過去問はしっかりと解いておきましょう。

 

~以下宣伝になります~

教育振興会では、高校入試問題集「公立編」「私立編」「高専編」を販売しております。

在庫も残り少なくなってきておりますので、

お近くの書店か教育振興会のHPからお買い求めください。

 

ハンパねえ

2019年12月05日

教育振興会の國澤です。

いきなりですが,下の写真は何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは,会場試験の受験票が入ったコンテナです。

11月末に送った分で,およそ650人分がこの中に入っています。

 

これの準備をしている最中,その量の多さに何回も「ハンパねえ」と

トー○ルテンボスのテンションでつぶやいてしまいました。

※これが分かる人は恐らく私と同年代位…?

 

その後も会場試験の人数は日に日に増えていき,最終的には県内10会場の合計で

1000人を超えそうな勢いです。

 

これもすべて皆様のご愛顧とご協力のおかげだなあ,と社員一同日々感謝しております。

 

それにつけても,自分が入社した当初は会場試験がこれほどの規模になろうとは

思いもしませんでした。

これが「隔世の感」というものか…などと妙に年より臭いことを考えた29の夜でした。

PAGE TOP