鹿児島県統一模試・宮崎県統一模試・小学生学力コンクール|鹿児島県教育振興会

お問合せ:099-252-2621
  • お問合せ
  • リンク
  • サイトマップ

たたかう人たち

2018年2月23日

このタイミングでブログを書くとなると…。どうしても触れたくなっちゃいます、平昌オリンピック!

連日、各競技の選手たちがすばらしい戦いを見せてくれています!

仕事から帰ってニュース番組をつけるのがとても楽しみな岩下です(´▽`*)

一流の選手どうしの戦いだからこそのレベルの高さを楽しむことができますよね。

私はいつも、「すごいなぁ…」と口をあんぐり開けながら見つめているのです(笑)

そしてチラッとイケメンをチェックします(*ノωノ)

 

そんなオリンピック選手たちの競技後のインタビュー。

彼らのインタビューを見ていて思うのは、どんなに良い順位でも、低い順位でも、自分の力を出しきった選手は清々しい顔をしていますが、自分の思うような試合ができず、不完全燃焼だった選手たちは晴れない表情をしているなぁということです。

彼らにとって、順位も大切ですが、今まで自分がやってきたことを出し切った結果なのかどうかということがとても重要で、最終的に目指すところの一つなのだと思います。

同じ色のメダルでも、自分の力を出し切れたと満面の笑みで喜ぶ選手もいれば、悔し涙を流す選手もいます。それは、彼らがいかに厳しい練習を一生懸命続けてきたかを物語っているのだと思います。

 

自分に置き換えると、本番でどんな結果が出るのかと考えるのは、楽しみでもありますが、時にとても怖いことかもしれません。悪い結果の怖さを見つめだすときりがなく足がすくみますが、まずは自分のやってきたことを出し切ることを考えて、前進を続けていかなくてはいけないなぁと思います。結果はそのあとについてくる…か来ないかはわかりませんが(笑)、とにかく不完全燃焼というのは結果にかかわらずとても残念な気持ちになるはずです。

私の場合、まずは「力を出し切る」と言えるほどの努力をしなければいけませんが(-_-;)

 

受験生の皆さんが、今まさに自分の力を出し切るためにがんばっていますが、私も負けないように、日々努力を続けたいと思います!

 

…そしてミーハーな私は今日からもうしばらくオリンピック&イケメンチェックを楽しみたいと思います(´艸`*)

 

公立高校の入試まであと少し!体調管理には気をつけてくださいね☆

受験生のみなさんが自分の力を発揮できることを祈っています(^^)/

PAGE TOP